ニューヨーク旅行:フラットアイアンビル周辺のフォトスポット巡り

2018年のニューヨーク旅行でフラットアイアンビル周辺を観光してきました。
ポストカードみたいなフォトジェニックな景色をたくさんフレームに収めることができました。
おすすめの撮影スポットや周辺の観光情報など、実際に撮影した写真とともにお届けします。

フラットアイアンビルとは

フラットアイアンビルの概要

NYのフラットアイアンビル (Flatiron Building) は、ユニークな形をした細いビルとして有名です。

1902年に建てられた歴史のある建築物で、縦に細長く、真上から俯瞰で見ても細長い三角形という珍しい外観が特徴になっています。

NYのランドマーク的存在で、多くのニューヨーカーたちに愛されています。

フラットアイアンビルの外観

フラットアイアンビルの外観

三角形の頂点にあたるところが本当に狭いことがわかります。

ひと目見ただけで忘れないような、とてもインパクトのある外観です。

フラットアイアンビルの外観

三角形の長辺と底辺にあたる部分を撮影

上の写真では、向かって左に行くほど細い造りになっています。

三角形の底辺部分も、幅はそこそこ狭い感じです。

外壁をよーく見ると、丁寧な装飾がところどころ施されていることが分かります。

こういった建築様式を見ると、海外へ来たな~という実感が湧いてきます

映画のロケ地としても有名

フラットアイアンビルは映画にもたびたび登場していて、特に有名なのはスパイダーマンです。

それと日本人におなじみのGODZILLAにも。

ロケ地巡りのスポットとして訪れる人も多くいます。

ちなみに大阪のUSJには、「ニューヨークエリア」というNYの街を再現したエリアがありますが、そこでほんのちょこっとだけ、フラットアイアンビルを目にすることができます。

「わかる人にはわかる」という感じなので、興味がある人は探してみてください

インスタでもフォトスポットとして人気

フラットアイアンビルはインスタ映えするスポットとして人気で、私はインスタでその存在を知りました。

NYの風景写真の中でもよく見かけるので、NYへ行くからにはぜひ現地へ訪れたいと思っていました。

オフィスビルなので基本的には外観を見る、写真を撮る、といった楽しみ方になります。

中に入れたらおもしろそう…いったいどんなふうになっているのか、興味津々です(特に細い部分)

フラットアイアンビルへのアクセス

フラットアイアンビルはブロードウェイ5番街の2つの大きな通りが交差する場所に建っています。

とてもわかりやすい場所ですし、地下鉄の駅も近いのでアクセスしやすいです。

通りが交差する場所に収まるように建てられているので、地図を見ると区画にすっぽりハマっている感があります。

パズルのピースみたいで、なんとなくかわいらしい…

最寄駅:地下鉄N/Q/R/W線 23丁目(23rd Street)駅

フラットアイアンビルのGoogleMap

フラットアイアンビルのフォトスポットめぐり

フラットアイアンビルの写真撮影を目的として、周囲を巡ってきました。

各写真の撮影場所は、このページの後半にある周辺MAPにマークしてますので参考にどうぞ

見る位置によって見え方がこれほど変わる建物は珍しくて、おもしろいです。

フラットアイアンビルの外観

1番細い部分に立って見上げたところ。ほんとに細いですねぇ

フラットアイアンビルの外観

形が独特過ぎてなんだか加工写真みたい 笑

フラットアイアンビルは5番街の通り沿いなので、振り向くとエンパイアステートビルが見えます

フラットアイアンビルそばの5th Ave

奥にちょっと顔を出し、こんにちはしているエンパイアステートビル

あまりフラットアイアンビルに近すぎると、ビル全体がカメラのフレームに収まらないので、少し離れてみました。

レゴストアの前あたりまで離れると、キレイに全体が収まります。

フラットアイアンビルの外観

手前にあるのはティファニーの時計

上の写真のように、ティファニーの時計(Tiffany Street Clock)越しのフラットアイアンビルもフォトジェニックな構図として人気です。

※このあたりは人が多いので、周囲に気をつけてくださいね

さらに5th Aveを渡ってマディソンスクエアパーク側に行くと、レゴストア側よりもスペースが広いので、落ち着いて撮影しやすいです。

フラットアイアンビルの外観

マディソンスクエアパーク側からの写真

フラットアイアンビル周辺のおすすめ観光スポット

マディソンスクエアパーク

マディソンスクエアパークは、フラットアイアンビルの斜向かいにある公園です。

噴水があり緑があふれていて、まさに都会のオアシスという雰囲気。

フラットアイアンビルのすぐ近くなので、5分~10分程度の時間を確保して、サラッと訪れるのもオススメです。

マディソンスクエアパークの木陰

マディソンスクエアパークの木陰

この公園から見るフラットアイアンビルは、少し距離があるのでフレームの収まりが良く、写真を撮りやすいです。

噴水越しのフラットアイアンビル

噴水越しのフラットアイアンビル

マディソンスクエアパークには、日本でもすっかりおなじみになったシェイクシャック(Shake Shack)の1号店があります。

ランチや休憩で、本場の味を堪能してみるのもいいですね

ここで最初にオープンして、海を渡って日本にも展開して来たんだな~と思うとなんだか感慨深い…

マディソンスクエアパークのシェイクシャック

パーク内にあるシェイクシャック1号店。にぎわっていました

そしてマディソンスクエアパークから見えるエンパイアステートビルも、フォトスポットのひとつになっています。

マディソンスクエアパークから見えるエンパイアステートビル

マディソンスクエアパークから見えるエンパイアステートビル

スーパーマーケットでショッピング

フォトスポットではありませんが、おみやげ選びにおすすめのスーパーマーケットがフラットアイアンビルの近くにあります。

バラマキ用のお菓子などであれば空港や観光スポットで買うより割安ですし、現地のスーパーマーケットを利用するのも旅の良い体験になります。

お菓子はついつい、自分用にも買ってしまいます 笑

トレーダージョーズ|Trader Joe’s

フラットアイアンビルからWest 22nd Streetを1ブロックほど進んだところに、トレーダージョーズ(Trader Joe’s)というスーパーマーケットがあります。

私もアメリカのスーパーを体験してみたかったので、行っておみやげ選びをしました。

トレーダージョーズ(Trader Joe’s)は、エコバッグのおみやげが特に人気です。

こちらが人気が高いコットン素材のエコバッグ

通気性の良い麻素材のエコバッグもあります

保冷・保温機能があるエコバッグ

エコバッグのほかにも、調味料やお菓子を買う人も多いようです。

ホールフーズマーケット|Whole Foods Market

周辺にはもうひとつ、スーパーがあります。
オーガニックアイテムを豊富に取り揃えているホールフーズマーケットです。

ホールフーズマーケットはハワイやグアムでも人気なので、ご存じの方も多いかもしれません。

場所は、フラットアイアンビルから750mほどの距離です。
トレーダージョーズからはさらに1ブロックほど遠くなります。

こちらのホールフーズマーケットも行こうと思い、計画に入れていたんですが、残念ながら疲れて力尽きてしまい、行くことを断念しました

ハリー・ポッターのフラッグシップショップ

フラットアイアンビルの近くに、ハリー・ポッターのフラッグシップショップが2020年夏にオープンすると、ワーナー・ブラザーズが発表しています。

旗艦店としては最大級の規模になるとか…ハリポタ好きな方は要チェックですね!

※2020年1月時点の情報ですので、最新情報をご確認ください

フラットアイアンビルの周辺MAP

ここまでご紹介した、フラットアイアンビル周辺のおすすめスポットをMAPにまとめました

最後に

NYで有名なフラットアイアンビルの撮影スポットや、周辺の観光情報などをお届けしました。

不思議な形をした歴史あるビルは存在感たっぷりで、まさにフォトジェニックという言葉がぴったりです。

間近で本物のフラットアイアンビルを見る経験をすると、あとで映画を観たり写真や映像を見たりした時に、また違う感覚で楽しめます。

NYらしいステキな写真が撮れるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

そして行く予定の方は、この記事を計画に役立ててもらえたら嬉しいです。

それでは、これにて本記事はおしまいです。
最後まで目を通していただいてありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう

 

 

タイトルとURLをコピーしました