【初めてのニューヨーク旅行】知っておきたい旅行計画のポイント

【初めてのニューヨーク旅行】知っておきたい旅行計画のポイント
この記事には、プロモーション広告 が含まれています。

海外旅行が大好きな、ありメモの Yumi です。
念願のニューヨークに、個人フリーで旅行してきました。
ここでは、旅行前に数ヶ月かけて作り上げた、旅行計画についてまとめます。
ポイントは、ニューヨークの人気・定番の観光スポットをめぐりながらも、旅の質を落とさず費用をできるだけ抑えること。
実際に利用したおすすめのツアー、時期、日数、滞在ホテル、スケジュールなど、実体験にもとづいた完全オリジナル情報です。
これからニューヨークへ行くなら、ぜひ参考にどうぞ!

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

旅行の日数は5泊7日

昼間のニューヨークタイムズスクエア
初めてのニューヨーク旅行は、予算と仕事の調整の結果、5泊7日に。

往路便はニューヨークに午前中到着だったので、現地での自由時間は約4.5日です。

せっかくなのでほかの都市も行きたいところですが、

  • ニューヨークだけでも見どころがたくさんある
  • 都市を周遊すると個人では手配が大変
  • 添乗員付きツアーだと行き先と時間の自由度が低い

という理由で、ニューヨークだけの1都市滞在に。

エアとホテルだけ押さえて、あとはフリーのツアーです。

5泊7日の滞在日数で、自分が楽しみたいと思っていたことは80%くらい実現できました。
(それでももっと長く滞在したかった!)

スポンサーリンク

利用したツアー会社

基本ツアー

旅行会社をいくつか検討して、ツアーの基本となるエア&ホテルは、JAL海外ダイナミックパッケージ で予約しました。

タイムセールのときに、なんとエコノミーとプレミアムエコノミーの差額が往復で44,000円ほどに!

「コレはお得では!?」と、思い切ってプレエコにしました。
(フライトも長いし)

羽田からJFK空港の往復JAL直行便で、座席指定も予約時に完了です。
(同行者と並び席を確保!)

プレエコのおかげで、搭乗前にサクララウンジも満喫、長時間のフライトも快適でした
(サイコー!

個人的に最近の旅行では、お世話になる機会が増えているJALダイナミックパッケージ。

今回のようにタイミングによってはお得なツアーと出会えたりするので、旅行計画中ならぜひ1度はチェックすることをおすすめします。

アメリカツアーの詳細ページへ  JAL公式

JAL海外ダイナミックパッケージ

オプショナルツアー

エアとホテル以外はフリーのツアーだったので、必要に応じてオプショナルツアーを利用しました。

いくつかの会社の現地ツアーを、数ヶ月かけてじっくり比較検討。

最終的に申し込みをしたオプショナルツアーは、ほとんどが VELTRA(ベルトラ) icon になりました。

ベルトラで申し込んだオプショナルツアー

どれも予約から現地での案内までスムーズで、利用して良かったです。

また行く機会があれば、リピートすると思います。

ベルトラは観光・ショッピング・グルメ・チケット予約など、ツアーを豊富に取り扱っているのが魅力です。

「こんなツアーもあるんだ!」という発見があったりするので、見ているだけでも楽しい気分になります

ニューヨークの豊富なオプショナルツアーを見る

ニューヨークオプショナルツアー - VELTRA icon

滞在ホテル

フリーの旅行なので立地を重視して、ニューヨーク・ヒルトン・ミッドタウンにしました。

本当にどこへ行くにも便利な場所です。

ラウンジ利用可能のプレミアハイフロアルームで予約したので、食事を軽く済ませたい時はラウンジで。

ホテル内のWi-Fiも無料で使える特典付きプランだったので、とっても便利でお得でした

ホテルについての詳しい内容は、こちらにまとめています

ニューヨーク旅行の楽しみ方

夕暮れのトップオブザロックからの眺め

なんといっても初めてのニューヨーク。

ニューヨークに来たからには外せない、有名観光スポットや定番グルメを楽しみたい!

というわけで、人気の名所をメインに訪れる、次のようなラインナップを計画しました。

観光スポット

  • ナイアガラの滝
  • 自由の女神
  • ロックフェラーセンター
  • ワールドトレードセンター
  • ブロードウェイ(ライオンキング)
  • タイムズスクエア
  • 5番街
  • セントラルパーク
  • ブルックリン
  • ウォール街
  • マンハッタンの夜景ツアー

グルメ

  • ロブスターサンド
  • 高級フードコート
  • パンケーキ(カフェ)
  • コーヒースタンド
  • ベーグル
  • ルーフトップバー ※これは残念ながら実現できず…

旅全体を通してのテーマは、街歩きです。

実際に街を歩きながら、
世界に名を馳せる大都市は、いったいどんな雰囲気なのか体感してみたい!という気持ちが大きかったです。

魅力的な街の風景をインスタでたくさん見ていたので、その景色を見てみたいとずっと思ってました。
(実現できた時は感動!

スポンサーリンク

ニューヨーク旅行のスケジュール

何度も何度も練り直して、たどりついたのがこのスケジュールです。
(完全オリジナルのガチプラン!)

※各日のリンクをタップすると、その日の旅行記へ飛びます

1日目:ニューヨークへ移動~ミッドタウンエリア観光1
2日目:ナイアガラの滝
3日目:セントラルパーク~ライオンキング~ミッドタウンエリア観光2
4日目:自由の女神~ブルックリン(ダンボ)観光~夜景ツアー
5日目:ワールドトレードセンター~ウォール街~チェルシー&ハイライン観光
6~7日目:帰国の途へ~日付変更線通過~帰国

人気観光スポットでは。
・混雑をできるだけ避けること
・訪れたエリアでの移動をできるだけコンパクトにすること
を意識して計画しました。

海から見えるロウワーマンハッタン

スケジュールについて、さらに詳しい内容はこちらにまとめてあります

ニューヨーク旅行の費用

実際にかかった費用

ニューヨーク旅行に実際にかかった費用をまとめてみました。

5泊7日でJAL往復直行便(プレエコ)、ヒルトンミッドタウンのハイフロア滞在。

コロナ禍前の2018年、しかも閑散期の7月前半ということもあって、
ツアー基本代金は超格安だったと思います

今は円安の影響もあり、この費用は夢のようになってしまいました。

ツアー基本代金:エア&ホテル 234,500円
空港諸税 9,360円
OP:空港送迎 98USD (11,048円)
OP:ナイアガラの滝 469USD (50,715円)
OP:ミュージカル 163USD (18,291円)
OP:夜景ツアー 58USD (6,414円)
OP:ビッグアップルパス(3ヶ所) 80USD (9,018円)
ESTA申請費 14USD
その他(食費、チップ、おみやげetc) 約25,000円
合計 約372,454円

※「OP」はオプショナルツアー
※()内は旅行当時のレートで円に換算
※金額は1人あたり

ホテル税(リゾート・フィー)がかかるのを覚悟していましたが、請求されないまま終わりました。
(なんでだろう?でもラッキーな気分

このツアーは、JALの海外ダイナミックパッケージで予約しました

今のツアー代金を見てみる  公式

JAL海外ダイナミックパッケージ

Wi-Fiについて

Wi-Fiのレンタルはしませんでした。

ネットを使うのは、無料Wi-Fiが使えるホテルにいるときだけに集中。

スケジュールを事前にガッツリ計画して、自分だけのしおりをPDFで作っておきます。
(念のため紙にも印刷)

外出時にスマホを使うのは、基本的には

  • しおりの確認
  • 写真・動画撮影
  • 地図を見る

のときだけに。

街歩き用に地図アプリ「Maps.Me」を入れておくと、オフラインで使えるので便利です。

海外旅行保険について

これまでは、旅行のたびに加入していた海外旅行保険。

今回のニューヨーク旅行では加入しませんでした。

代わりに、手持ちのクレジットカード2枚にそれぞれ付帯の保険と、ツアーに付帯する保険(計3つ)でカバーしました。

クレジットカードのうち1枚は エポスカード です。

ニューヨーク旅行に間に合うように、新しく作りました。

エポスカードの詳細・申込みページへ  公式

エポスカード

エポスカードが旅行のお供にぴったりな理由は、こちらに詳しくまとめています

JALダイナミックパッケージは疾病・傷害治療費用の保険が自動付帯でした(上限1000万円)。
(申込み時の細かい文字の所をよーく見ると書いてありました)

これはけっこうありがたかったです!

ニューヨーク旅行プランのポイント

マンハッタンブリッジの歩道

一番大きなポイントは費用です。
ニューヨークは本当に物価が高くてびっくりします。

それなのに、さらに8.875%の税金がかかるので、時と場合によっては20%ほどのチップを上乗せすることに…!

水やドリンクを買ったり、外食したりすると、日本との違いを痛感します。

なので費用をできるだけ抑えるため、使い方にメリハリをつけるようにしました。

ニューヨーク旅行におすすめの時期

今回、7月前半に旅行しましたが、行ってみてとても良いシーズンだったなと感じました。

仕事などの都合でなかなか難しいとは思いますが、もし可能ならぜひおすすめです。
理由は次の4つです。

1.ツアーの基本代金が安い
これが一番大きな理由です。

梅雨時期で一般的な夏休み前にあたり、旅行代金が安くなる時です。

ちなみに、ツアーを申込みしたのは約4ヶ月前の3月初旬でした。

2.空港がすいている

閑散期の平日ということもあり、羽田もJFKも、出入国審査やゲートなどでは並んでも15分程度でした。

長蛇の列に並ぶストレスとは無縁です。

3.軽装で過ごせる

7月上旬は、ニューヨークも東京とだいたい同じような気候で、日中は半袖で過ごせました。
(ちょっと暑すぎるくらいでしたが

持って行く衣服も夏物がメインになるので、かさばらずに済みます。

4.観光に適している

冬にもツアー代金が安くなるタイミングがありますが、ニューヨークはとっても寒いです。

雪が降るような寒さの中、観光するのは想像しただけでも厳しいな~と思います。
(超寒がり ←)

初夏の7月は空も青いし緑も多いので、色鮮やかな景色を楽しめる季節です。

さらにナイアガラの滝へ行くなら、7月なら水量の多い迫力のある滝を見ることができます。

冬場は、滝に近づく観光船も運休になってしまいます。

5.台風のリスクが少ない
夏から秋の飛行機の旅には、台風の心配はつきもの。

7月前半なら、台風の影響はまだ少なく、絶対ではありませんが少し安心です。

ホテルのラウンジを利用

今回の旅行で、ホテルのラウンジの存在には本当に助けられました。

ペットボトルの水をもらったり、ちょっと何か食べたい、飲みたいとなった時に、気軽にラウンジに立ち寄ることができました。

軽めですが、朝食もとれます。

ホテルの立地も良かったので、観光と観光の間にラウンジで少し休憩したり。

ラウンジ利用可のホテルプランは、費用が高めなので敬遠しがちですよね。

でも、その都度フードやドリンクを買ったり、外食することを考えると、手間も費用もかからないのでおすすめです。

オプショナルツアーではなく地下鉄を使う

ニューヨークの地下鉄の車内
旅行計画の初めの頃は、観光はオプショナルツアーを使おうと思っていました。
(ニューヨーク初めてなので)

でも観光スポットについて調べていくうちに、

・地下鉄を使えば費用も抑えられる
・観光も自分のペースでできる

と気づき、できるかぎり地下鉄を使うことにしました。

実際に地下鉄での移動は便利でしたし、ニューヨークの生活を疑似体験できて、いい経験になりました。

治安の面から乗るのは日中だけにしましたが、都内で電車を使うのと同じような感覚で利用できました。

旅行計画の情報収集に欠かせないアプリ

旅行計画に欠かせない、ガイドブック。

現地の見どころや外せないグルメなどの情報、知っておきたいですよね。

とくに旅行好きな人におすすめなのが、雑誌読み放題アプリ。

ドコモのdマガジンと楽天の楽天マガジンが有名です。

ニューヨークはもちろん、国内外のガイドブックが掲載されています。

掲載雑誌すべてから、キーワード検索で記事が一発で表示できるのも便利。
(「ニューヨーク」で検索すれば、簡単に情報が見つかる

スマホで読めるので、手軽&身軽に情報収集できます

雑誌・ガイドブック読み放題アプリの詳細ページへ

雑誌読み放題アプリの活用術については、こちらに詳しくまとめています

まとめ

有名な観光スポットをめぐる、ニューヨーク5泊7日の旅行プランについてお届けしました。

個人フリーで行くメリットは、行きたい場所や時間を自由に組み立てられること。

費用も、使いたいところ・抑えたいところにメリハリをつけることができます。

この記事が、ニューヨーク旅行計画の参考になればうれしいです

計画の結果どうなったか、宿泊記や体験記を下の記事にまとめています。

興味がありましたら、ぜひチェックしてみてください

ブクマしとくと便利な、このNY旅行についての全記事まとめ

以上、最後まで目を通していただいてありがとうございました。

ありメモでは、
本当におすすめしたいことだけを厳選してお届けしています。

あなたのメモのひとつとして、この ありメモ をブックマークしてお役立てください。

また別の記事でお会いしましょう

 

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

 

 

タイトルとURLをコピーしました