300円で帽子が風で飛ばないようなアイテムをハンドメイド

帽子が風で飛んでいきそうでコワイ。
対策として、何かいい方法はないかなぁ?
考えた結果、大人でも使えるようにちょっとおしゃれに工夫した、ゴム紐のグッズを手作りしてみました。

帽子の風対策!大人の女性向けアイテムを考える

夏の日差しが強い時や、おしゃれアイテムとして活躍する帽子。

ただ、風が強い時や自転車に乗っている時などは、飛ばされてしまいそうでいつもヒヤヒヤ…
ずっと手で押さえるわけにもいかないですしねぇ。

そこで、帽子が風で飛んでいってしまわないようなアイテム(アクセサリー)を、完全オリジナルで、簡単に手作りしてみることにしました。

目指すアイテムはこんな感じです。

  • 子供の帽子についてるあご紐(ゴム紐)みたいなのがいい
  • あご紐だとさすがに恥ずかしいので 笑、ちょっとネックレスっぽくしたい
  • 帽子がずれないようにするのではなく、あくまで自分の身体から飛んで行かないようにしたい

材料を百均(100円ショップ)で調達

100円ショップもいろいろありますが、今回材料を調達しに行ったのはダイソーです。

イメージとしては革紐素材のチョーカータイプのようなもの。
ネックレスにするのでパーツも欲しい。

店内の手芸コーナーをくまなく物色していたら、こんなものを発見!

アクセサリーのパーツ

手芸コーナーで発見

左はネックレスのパーツが一式入ったキットです。

すごい、丸カンとかの金具も入ってる…
これで100円ってほんとですか!?ありがたやありがたや

右のパーツはペンダントトップにするつもりで選びました。
ヒキモノパーツって書いてあります。

ヒキモノパーツ…その言葉、お初にお目にかかります。
どういう意味なのかな…?と思いつつ、ま、いっか。笑
とりあえず購入です。

細いタイプのヘアゴム

細いタイプのヘアゴムです。色はダークブラウン

それと細いタイプのヘアゴムです。

1本でけっこうな長さがあって、好きな長さに切れるタイプ。

パッと見た感じ、ゴムには見えません。

実はコレは、今回調達したものではないのです。

以前に100円ショップで買って、一部を使って、残りがそのまま家にあったものです。

なぜコレが必要になったかというと、それはのちほど…

以上、合計300円(税抜)の材料費となります。

さっそく、作ってみよう!

必要な道具と材料

アクセサリー作りに必要な道具といえば、この工具たちです。

アクセサリーのハンドメイドに使う工具

左から、平ヤットコ、ニッパー、丸ヤットコです

むか~し、ビーズアクセサリーを作っていた時期があって、その時に買ったものです。
今回久しぶりの登場!

この工具、アクセサリーが壊れてしまった時に自分で修理できたりもするので、家にあると便利なんですよね~。

ちなみに今回の製作工程では、ニッパーは使いませんでした。

アクセサリーキットをいざ、開封!

アクセサリーキットを開封してみます。

ダイソーのネックレスキット

金具・パーツ・取扱説明書が入ってます

うーん、素晴らしい!
別々に材料を買わなくても、コレ1つで完結してしまう手軽さとコスパの良さ!

思わぬアクシデント

ここで、1つのアクシデントが発生します

そう、オリジナルのハンドメイドにありがちな失敗…
ネックレスキットに入っていた、紐の長さが思っていたより短かった!(ガーン)

このネックレスキットは、ストーンやリングなどのパーツをいくつもつなげて作るデザインだったので、その長さの分、紐が短くても大丈夫だったんですね。。。

あぁぁどうしよう、これじゃ作れない…と、家の中を物色し、出てきたのが先に紹介したヘアゴムです。

おお、コレはいけるかも?(キラーン)と光が差し込みます。

しかもゴムだから、伸び縮みして、普通の紐より使いやすいかも!

気を取り直して製作スタート

デザインを考える

買ってきた材料から、パーツの組み合わせでどんなデザインにするか考えます。

手軽に作りたいし、やはりシンプルイズベスト。
というわけでこんな感じに。

アクセサリーのデザインパーツ

デザインはシンプルに

センスある人だったら、もっと素敵なデザインになるんだろうなぁ

と思いながら、製作作業へ。

ペンダントトップを作る

ペンダントトップとなる部分を、丸カンでつなげます。

ペンダントトップのパーツ

アジャスター部分を作る

次に、飾りでありアジャスターの役割をするビーズを、ヘアゴムに通します。

ビーズの穴を、ヘアゴム2本がギリギリ通るバランスがベストです。

アクセサリーのパーツ

ビーズにヘアゴムを通すときは、わを作ってそのまま通すとラクです

少し時間がかかりますが、地道に少しずつ通していきます。

アクセサリーのパーツ

あと少し。先端が出口から少し見えたら、丸ヤットコで引っ張り出します

通りました。

アクセサリーのパーツ

ペンダントトップとアジャスター部分をつなげる

ペンダントトップとヘアゴムの「わ」の部分を丸カンでつなげます。

アクセサリーのパーツ

帽子とつなげる部分を作る

ペンダントトップの反対側を帽子とつなげるための加工です。
ここでは安全ピンを使ってみました。

帽子用のアクセサリー

反対側は安全ピンを通して結びます(雑!)

反対側は帽子の中で見えないからいっかー!ということで結び方も雑です 笑

ほんとは金具を使って仕上げた方が美しいですけど、自分用なので手抜きしちゃいます。

帽子に取り付ける

帽子の内側、真後ろのあたりの布に取り付けます。

今回は安全ピンを使っていますが、もし帽子にタグとかがあって輪になっていれば、安全ピンを使わずに、ヘアゴムを直接タグに通して結んでしまっても良さそう。

安全ピンを使う方法だと、複数の帽子での使いまわしがラクにできますね

帽子のアクセサリー

できた~!

これで完成!

製作にかかった時間は10分ちょっとです。(デザインを考える時間を除く)

このアクセサリーのポイント

このアクセサリーのポイントは、アジャスター部分です。

帽子のアクセサリー

透明のビーズの部分は飾りの役割以外にも

ビーズは飾りでもあるんですが、上(あご)方向へすーっと動かすと…

帽子のアクセサリー

ビーズを上方向へスライド

ちょっとカジュアルな印象になります。
と同時に、ネックレスが首から抜けにくくなります。

鎖骨あたりで止めたらラリエット風、あごまでピッタリ上げると、あご紐の役割になります。

完成!

着用イメージはこんな感じです。

帽子のアクセサリーのコーディネート

イメージ通りに仕上がりました!

正面から見るとネックレスっぽい。

サイドから見ると、髪を下ろしていればほとんど紐はわかりません。

紐の色がダークブラウンだったのが結果オーライ。

髪をまとめていると、紐がハッキリ見えちゃいますが 笑
まぁ、そんなに人は他人のことを見ていないでしょうということにします。

たとえば自転車に乗っている時なら、なおさら他人は見ていないですし、見られているとすれば、レジや何かの列に並ぶ時とかでしょうか。

人の目が気になる時や、室内であれば風の心配はないので、このアクセは外すか、帽子の中に見えないように入れて、そのままかぶっちゃいます。

完成アイテムのデメリット

デメリットとしては、ゴム紐が細いので、帽子が飛んで首のあたりにひっかかった時の感触が、線で圧力を感じるところでしょうか。

ネックレスタイプというデザインにこだわったため、仕方がないですね。

紐を太くしたり、平らなものを使えば感触が改善すると思いますが、そうするとネックレスデザインが…というジレンマです。

というわけで、子供向けにはおすすめできないな~という感じです。
大人向けのアイテムですね。

改善すれば子供向けにできるかもしれませんので、アイデアのヒントになればと思います

最後に

今回は、帽子が風で飛んで行くのを防ぐアクセサリーを、材料費300円でハンドメイドしてみました。

1つ製作して、材料がまだ余っていたのでもう1つ作りました。
なので1個あたり150円です。

これで、強風の日もコワくない!(はず!)

紐の種類や色、パーツを変えたらメンズのも作れそうな感じです。

それでは、これにて本記事はおしまいです。
最後まで目を通していただいてありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう

 

タイトルとURLをコピーしました