ブロードウェイのライオンキング体験談【チケット購入~現地まで】

2018年7月のニューヨーク旅行で、THE LION KING(ライオン・キング)を観てきました。
これがブロードウェイ!と感激…とても貴重な体験ができました。
その体験談を写真と共にまとめます。

ライオンキングを選んだ理由

ニューヨークと言えばブロードウェイミュージカル。
あまりにも有名で、1度でいいから見てみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

私もその1人で、NY旅行の行程の中に、最も高い優先順位で組み込みました

行く予定をしていた2018年7月、ブロードウェイで気になっていた演目は、「ライオンキングと」「アナと雪の女王」でした。
アナ雪は日本で上演されていない、NYでも新しい演目だったのでとても迷ったんですが…

やはり、ライオンキングにしました。
というのも、劇団四季のライオンキングが大好きで、リピーターなのです。

日本とNYの違いを体感してみたい。
そして英語でも、ストーリーや流れを知っているのでわかりやすい。
という理由でライオンキングを選びました。

ミンスコフ劇場にあるライオンキングの看板

ミンスコフ劇場にあるライオンキングの看板

ブロードウェイ ライオンキングのチケットの予約方法

旅行中に絶対に観劇したい!
だけどチケットを現地で確実に手に入れられるか不安だったので、日本でオンライン予約しました。

チケット検討時にまず価格を調べてみたら、う~ん、チケットの料金が高い
基本的に日本よりだいぶ高いです。

格安チケットはないかと調べてみましたが…
もとの価格が高いので、なかなか厳しかったです。

大手旅行会社も含め5つほどの候補で比較した中で、次の2サイトが割安感がありました。

キャンセル規定や手軽さ、割安感、慣れ親しんでいたという点から、今回はベルトラで申し込むことに決めました。
価格については、タイミングや演目、座席によっては「あっとブロードウェイ」が安い可能性もありますので、価格優先の場合は検討してみることをオススメします。

劇場へ持って行ったもの

  • ベルトラで発行されるバウチャー
  • パスポート
  • 長袖のはおりもの

ベルトラで予約したときに発行されるバウチャーを、プリントアウトしたものと、スマホにも予備で準備しました。
窓口で確認される可能性を考えて、念のためパスポートも。
それと、劇場内が冷房で寒いとのことだったので、長袖のはおりものも準備しました。

いざ、ミンスコフ劇場へ

劇場は、タイムズスクエアにあるミンスコフ劇場です。
マリオット・マーキスとの間、W 45th Stに入口がありました。

開演の40分ほど前に到着。
それでも、入口付近は開場待ちの大行列!
人気の高さがうかがえます。

ミンスコフ劇場の入口

ミンスコフ劇場の入口、W 45th Stには長蛇の列

チケットの受け取り

ベルトラのバウチャーをBOX OFFICEという窓口でチケットに引き換えないといけないので、まずはそちらへ。

BOX OFFICEの場所は、劇場の建物の中、出入口と同じフロアにあります。
ちょっと奥まったところにありました。

窓口でバウチャーを渡して、チケットをもらいます。
2人分だったんですが、チケットに記載されている番号が飛んでいて、もしかして並び席じゃなく離れてるのでは!?と心配になりましたが、ちゃんと並び席でした

ミンスコフ劇場のBOX OFFICE

ミンスコフ劇場のBOX OFFICE

ミンスコフ劇場内へ

入場列に並び、劇場内へ入ります。
席はステージ向かって右側の1階席。
四季劇場でもこんな良席で見たことはありませんでした。

ステージがすごく近くてわくわくします。
客層は老若男女さまざま。
わりと子供が多かった気がします。

開演前に座席に座りながら、けっこう皆さん写真を撮ってらっしゃる…写真はNGじゃなかったでしたっけ?
その辺のルール、謎のままです

ミンスコフ劇場内にある大階段

ミンスコフ劇場内にある大階段。上部にある大きな仮面は大迫力で必見です

実際の上演時間

観劇したのは14:00の回でした。
2幕構成で、間に15~20分ほどの休憩が入ります。
カーテンコールの終了時で16:30頃だったかと思います。

劇団四季のライオンキングとの違い

劇団四季のライオンキングも、このブロードウェイから来ている演目になります。
ですので劇中のセリフや曲、衣装、舞台装置などは、ベースは同じになります。

大きな違いと言えば、やはり英語と日本語という言葉の違いでしょうか。

観劇してみて、ココが劇団四季と違うな~と感じたところをあげてみますと…

  • ブロードウェイではカットされている曲がある(The Morning Report/朝のご報告)
  • ブロードウェイの青年シンバは外見がたくましい
    (むしろたくまし過ぎ…?笑)
  • ブロードウェイではアナ雪のパロディが入っている
  • ブロードウェイの方が上演時間が少し短い
  • カーテンコールも短い
  • 観客のリアクション(盛り上がり)がすごく大きい

全体的に上演時間が少し短かったです。
2幕構成で、間に休憩が入るのは日本と同じです。

観客のリアクションについては、本当におもしろかった!
日本では基本的に拍手だけ、笑う時もクスクス静かに笑う感じですが、ブロードウェイでは口笛が飛び交い、笑う時もみなさん豪快です 笑

やはり国民性ですかね~

その観客のリアクションがLIVE感を膨らませていて、すごくいいなと思いました。

ミンスコフ劇場の写真

現地で撮影したミンスコフ劇場の写真です。

劇場内ではライオンキングのグッズも販売されています。
大井町の「夏」劇場よりスペースがゆったりしていて、見やすかったです。

ミンスコフ劇場内のグッズショップ

ミンスコフ劇場内のグッズショップ

ミンスコフ劇場内のフォトスポット

ショップと同じエリアにある衣装の展示

ミンスコフ劇場内のロビー

ミンスコフ劇場内のロビー

ミンスコフ劇場内のロビーは片側が全面ガラスになっていて、外のタイムズスクエアの通りを眺めることができます。

ミンスコフ劇場内からのタイムズスクエアの眺め

ミンスコフ劇場内からのタイムズスクエアの眺め。にぎやかです

ミンスコフ劇場内からのタイムズスクエアの眺め

こちらもタイムズスクエアの眺め。高い場所から見れるのはなかなかレアではないでしょうか

劇場ではPLAYBILLというショーのプログラムをもらうことができます。
出演者やほかのショーの情報が掲載されていて、観劇の良い記念になります。

The Lion KingのチケットとPLAYBILL

THE LION KINGのチケットとPLAYBILL

ブロードウェイのライオンキングの感想

ブロードウェイのライオンキングを観劇してみて、日本との違いがとても興味深かったです。
演じている側も見ている側も、やはり人種や国民性の違いというものを感じました。
ひとことで表すと、

ブロードウェイ=ダイナミック
劇団四季=繊細

という感じでしょうか。
どちらもそれぞれの良さがあります。

個人的には、劇団四季のライオンキングが好きです
ブロードウェイがダメ、というわけではなく、感性の違いかと思います。
自分が日本人だから親しみやすいとか、そういうことかもしれません。
当たり前ですが個人によって、感じ方は変わってくると思います。

そういう意味でも、ブロードウェイで観劇して自分はどう感じるのか?という楽しみ方もあります。
やっぱり、観に行って良かったです。

なんたって、あの超有名なブロードウェイです。
人生において貴重な体験のひとつとなりました。

そしてますますライオンキングが好きになり、帰国後に、劇団四季のライオンキングを見に行く回数が増えました

それでは、これにて本記事はおしまいです。
最後まで目を通していただいてありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう

 

 

タイトルとURLをコピーしました