ニューヨーク旅行【ブロードウェイミュージカル】ライオンキング体験記

2018年7月のニューヨーク旅行で、ライオンキング(THE LION KING)を観劇した Yumi です。
初めてのブロードウェイは、とても貴重な体験でした。
感想や日本からのチケット予約方法、劇場の場所、上演時間、劇団四季との違いなどを、現地の写真とともにまとめます。

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

ブロードウェイでライオンキングを選んだ理由

ニューヨークといえば、ブロードウェイミュージカル。

あまりにも有名で、1度でいいから見てみたいと思う人も多いのではないでしょうか

私もその1人で、NY旅行を計画するとき、最優先で予定に入れました。

計画のとき、ブロードウェイの演目の中で観劇候補になっていたのは、「ライオンキング」と「アナと雪の女王」でした。

その頃、アナ雪はNYでも新しい演目で、もちろん日本でも未上演でした。
(そのアナ雪も、ついに劇団四季で始まりますね!

すっっっごく悩みましたが…次の理由で、ライオンキングに決めました。

ライオンキングを選んだ理由

  • 劇団四季のライオンキングとの違いを体感したい
  • 英語が苦手でもストーリーを知っているのでわかりやすい

私は劇団四季のライオンキングが大好きで、リピーターです。
(だいたい年に5回ほどのペースで、初観劇から10年以上)

劇団四季のライオンキングは、上演回数を11000回を超えて、今も上演し続けている人気のミュージカルです。

その劇団四季のライオンキングは、ブロードウェイから来ています。

ミンスコフ劇場にあるライオンキングの看板

ミンスコフ劇場にあるライオンキングの看板

ライオンキングのチケット予約方法

チケットを確実に手に入れるため、日本からオンライン予約しました。

チケットの値段ですが…さすがブロードウェイ、料金が高い

日本よりもだいぶ高いです。

格安チケットはないかと調べてみましたが、もとの価格が高いこともあって、なかなか厳しかったです。

大手旅行会社など5つほど比較検討して、次の2サイトが割安感がありました。

キャンセル規定や手軽さ、割安感、前にも利用していたという点から、今回はベルトラで申し込むことに決めました。

タイミングや演目、座席によっては「あっとブロードウェイ」が安い可能性もありますので、こちらも検討してみることをおすすめします。

劇場へ持って行ったもの

  • ベルトラで発行されるバウチャー
  • パスポート
  • 長袖のはおりもの

ベルトラで予約後に発行されるバウチャーを持っていきました。

バウチャーは、窓口でチケットに交換してもらうため、絶対に忘れてはいけません

バウチャーはプリントアウトしたものを使いましたが、予備でスマホにも入れておきました。

窓口で確認される可能性を考えて、念のためパスポートも。

それと、劇場内が冷房で寒いとのことだったので、長袖のはおりものも準備しました。

いざ、ミンスコフ劇場へ

ミンスコフ劇場の場所

ライオンキングの劇場は、タイムズスクエアにあるミンスコフ劇場です。


訪れたのは土曜日14:00の公演です。

13:20頃に到着しました。

すでに劇場に入るための大行列が、ウエスト45thストリート(マリオット・マーキスホテルとの間の通り)にできていました。

やっぱり人気ですね~

ミンスコフ劇場の入口

ミンスコフ劇場の入口、West 45th Steetには長蛇の列

チケットの受け取り

ベルトラのバウチャーを、ボックスオフィス(BOX OFFICE)という窓口でチケットに引き換えます。

ボックスオフィスの場所は、劇場の建物の中、出入口と同じフロアにあります。

建物内の、ちょっと奥まったところにありました。

ミンスコフ劇場のBOX OFFICE

ミンスコフ劇場のBOX OFFICE

窓口でバウチャーを渡して、チケットをもらいます。

2人分の予約で、受け取った2枚のチケットに記載された番号を見ると…

なんと連番ではなく、飛んでいる!
もしかして並び席じゃないの!?と心配に…

でも席へ行ってみたら、ちゃんと並び席でした
(よかった~

劇場内の座席へ向かう

入場列に並び、劇場内へ入ります。

席はステージ向かって右側の1階席でした。

四季劇場でもこんな良席で見たことがなかったので、気分が高まります
(ステージがすごく近くてわくわく

客層は老若男女さまざま。

やっぱり子供も多い感じでした。

開演前には座席で、皆さんけっこう写真を撮ってらっしゃる…
ステージエリアの写真ってNGじゃなかったでしたっけ?

その辺のルール、謎のままです

ミンスコフ劇場内にある大階段

ミンスコフ劇場内にある大階段。その上にある大きな仮面は大迫力!必見です

実際の上演時間と休憩

2幕構成で、間に15~20分ほどの休憩が入ります。
(劇団四季と同じです)

14:00開演で、カーテンコールも見届けて、ステージエリアからロビーに出た時刻は16:30頃だったかと思います。

合計2時間半くらいでした。

入場前の行列や、グッズショップを見る時間を含めると、劇場の滞在時間は3時間半~4時間くらい見ておくと安心かと思います。

劇団四季のライオンキングとの違い

くり返しになりますが、劇団四季のライオンキングも、このブロードウェイから来ている演目になります。

ですので劇中のセリフや曲、衣装、舞台装置などは、ベースは同じになります。

大きな違いは、やはり英語と日本語という言葉の違いでしょうか。

観劇してみて、ココが劇団四季と違うな~と感じたところをあげてみますと…

ブロードウェイは…

  • カットされている曲がある
    (The Morning Report/朝のご報告)
  • 青年シンバは外見がたくましい
  • アナ雪のパロディが入っている
  • 上演時間が少し短い
  • カーテンコールも短い
  • 観客のリアクション(盛り上がり)がすごく大きい

2幕構成で、間に休憩が入るのは日本と同じですが、全体的に上演時間が少し短かったです。

お客さんのリアクションについては、本当におもしろかった!

日本では基本的に拍手だけ、笑う時もクスクス静かに笑う感じですが、ブロードウェイでは口笛が飛び交い、笑う時も皆さんとても豪快です

やはり国民性ですかね~

その観客のリアクションによって、場内のライブ感と一体感が大きくなる感じがして、すごくいいなと思いました。

ミンスコフ劇場内の写真

現地で撮影したミンスコフ劇場の写真をまとめます。

劇場内のロビーでは、ライオンキングのグッズも販売されています。

大井町の四季劇場「夏」よりもスペースがゆったりしていて、見やすかったです。

ミンスコフ劇場内のグッズショップ

ミンスコフ劇場内のグッズショップ

ミンスコフ劇場内の衣装の展示

ショップと同じエリアにある衣装の展示

ミンスコフ劇場内のロビー

ミンスコフ劇場内のロビー

ミンスコフ劇場内のロビーは、片側が全面ガラスになっていて、外のタイムズスクエアの通りを眺めることができます。

ミンスコフ劇場内からのタイムズスクエアの眺め

ミンスコフ劇場内からのタイムズスクエアの眺め。にぎやかです

ミンスコフ劇場内からのタイムズスクエアの眺め

こちらもタイムズスクエアの眺め。高い場所から見るのは新鮮!

劇場では「PLAYBILL」というプログラム冊子を無料でもらうことができます。

出演者やほかのミュージカルの情報が掲載されていて、観劇の良い記念になります。

The Lion KingのチケットとPLAYBILL

The Lion KingのチケットとPLAYBILL

ブロードウェイのライオンキングの感想

ブロードウェイのライオンキングを観劇してみて、日本の劇団四季との違いがとても興味深かったです。

演者さんもお客さんも、人種や国民性の違いを感じました。

ひとことで表すと、

ブロードウェイ=ダイナミック
劇団四季=繊細

という感じでしょうか。

どちらもそれぞれの良さがあります。

個人的には、劇団四季のライオンキングが好きです

ブロードウェイがダメ、というわけではなく、感性の違いかと思います。

自分が日本人だから親しみやすいとか、何度も観ているので慣れているとか、そういうことかもしれません。

当たり前ですが個人によって、感じ方は変わってくると思います。

そういう意味でも、ブロードウェイで観劇して自分はどう感じるのか?という楽しみ方もあります。

やっぱり、観に行って良かったです。

人生において貴重な体験のひとつとなりました。

そしてますますライオンキングが好きになり、帰国後すぐにまた、劇団四季のライオンキングを見に行きました
(どんだけ~)

まとめ

ブロードウェイミュージカルのライオンキング体験記をお届けしました。

ブロードウェイは、世界のトップレベルのミュージカルの集合体です。

そのぶん価格は高いですが、ミュージカルの本場でライオンキングを観劇したという体験は、自分の中に大きく残ります。

特にミュージカルが好きな人や、映画のライオンキングが好きな人にはおすすめです。

NYへ行く機会があるならぜひ、体験してみてください。

以上、最後まで目を通していただいてありがとうございました。

あなたのメモのひとつとして、この ありメモ が役立つことを願いながらおしまいにします。

また別の記事でお会いしましょう

 

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

 

タイトルとURLをコピーしました