横浜ロイヤルパークホテル クラブフロア宿泊記【2023年11月】

横浜ロイヤルパークホテル クラブフロア宿泊記【2023年11月】
この記事には、プロモーション広告 が含まれています。

ホテルステイが大好きな、ありメモの Yumi です。
2023年11月に、横浜ロイヤルパークホテルのクラブフロアに1泊、最高のステイでした。
泊まった客室は、スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」のデラックスツイン。
部屋の設備やアメニティ、滞在中の過ごし方や楽しみ方を、たっぷりの写真とともに宿泊記としてまとめます。
長文なので、時間があるときや、ブックマークがおすすめです。

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

ステイの目的と予約したプラン

横浜ロイヤルパークホテルはここがすごい!

横浜ロイヤルパークホテルは、横浜・みなとみらいの「三銃士」と言われるホテルのひとつです。
(あと2つはベイホテル東急とインターコンチネンタル)

603の客室数がある5つ星ホテルで、
なんと言っても、有名な横浜ランドマークタワー内にあることが特長です。

みなとみらいでひときわ目立つランドマークタワー

みなとみらいでひときわ目立つランドマークタワー


宿泊後はみなとみらいの景色をを目にするたびに、
「このホテルに泊まったなぁ」と思い出すような、印象に残る体験になります

ランドマークタワー高層部の、70階と49~68階がホテル。

間の69階は、一般の人が訪れる有料の観光スポット、展望フロア『スカイガーデン』になっています。
(展望フロアはホテルに挟まれている

全客室が210m以上という、日本で一番高い場所にあるホテルなので、その景色は格別です。

ホテルステイをグレードアップ

今回のステイには、こんな目的とお楽しみポイントがありました

  • クラブラウンジを体験したい
  • 安い宿泊プランを見つけた
  • ロイヤルパークホテル横浜をリピートしたい
  • 高級スパへ行ってみたい
  • みなとみらいの景色

そしてもちろん、ホテルステイならではの

  • 非日常に身を置く
  • 贅沢な気分にひたる
  • 美味しいものを食べる
  • ホテルの滞在をめいっぱい楽しむ

ことも大前提にあります。

中でも、最大の目的ががクラブラウンジ

ホテルステイをグレードアップです。

横浜ロイヤルパークホテルのラウンジは行ったことがなかったので、クラブフロアへの滞在を決めました。
(どんなラウンジなのかわくわく

スポンサーリンク

今回予約したプラン

予約した宿泊プランの内容

  • 宿泊日限定のお得なプラン
  • チェックイン14:00 チェックアウト11:00
  • スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」のデラックスツイン
  • クラブラウンジへのアクセス
  • クラブラウンジでの朝食付き
  • ランドマークスパを無料で使える

中でも魅力だったのが、チェックインの時間が早め、チェックアウトは遅めなこと。

滞在時間が長くなり、たっぷり楽しめます。

とくにラウンジへ14:00から行けるのがうれしい

今のプラン内容や値段などの情報は、各予約サイトで確認してみてください。

個人的に外せない予約サイトは 一休.com

一休限定プランやタイムセール、ランク制度などで、コスパがいいホテルステイができます。

横浜ロイヤルパークホテルの最新情報を見る
(個人的に利用回数が多い、おすすめ順)

横浜ロイヤルパークホテル クラブフロア宿泊記

ここから、宿泊記を時系列でまとめていきます。

専用デスクで優雅にチェックイン

2023年に、創業30周年を迎えたロイヤルパークホテル。

ロビー階に飾られた30周年記念のオブジェ

ロビー階に30周年記念のオブジェが飾られていました

今回はクラブフロア滞在なので、クラブフロア専用デスクでチェックインします。

エントランス階にあるロビーのフロントは通り過ぎて、エレベーターで66階へ。

チェックインの混雑と無縁なのが、クラブフロアのメリットです

横浜ロイヤルパークホテルのクラブラウンジへ続く通路

クラブラウンジへ続く通路

65階~66階が、「ザ・クラブ」という名の特別階。

一般の客室フロアとは違う、ラグジュアリー感があります。
(前回はクラブフロアじゃなかったからこそわかる、この違い

チェックイン予定時刻の14:00ちょうどに到着。

専用デスクは、クラブラウンジのすぐ近くにありました。

宿泊客ごとに個別のデスクと椅子があり、ゆったりと座ってチェックインの手続きをします。
(なんて優雅!)

待ち時間もなく、スムーズに完了。

「さぁ、これからホテルサービスを全身で浴びるぞー!」
と意気込みつつ、部屋へ向かいます。

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

部屋へ入室

部屋は65階。
ホテルステイで楽しみな瞬間のひとつ、ドアのオープンタイムです!

横浜ロイヤルパークホテルのスカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインの部屋

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」のデラックスツイン

カーテンを開けると、まず窓の大きさにびっくり
部屋が一気に明るくなります!

大きく作られた窓から、
「どうぞ景色を楽しんでください!」というメッセージが伝わってくるようです。

観覧車が見える、部屋からの景色

横浜ロイヤルパークホテル、クラブフロアのベイビューの景色

正面の景色は観覧車やクイーンズスクエア、そして海


みなとみらいの街・観覧車・海・そして都心も見渡せる、最高のビューです。

実は予約した宿泊プランは、「シティービュー」でした。

でもここは、部屋の向きが北東側のベイサイド、ベイブリッジビュー。

どうやら、アップグレードしてもらえたようです
(うれしい!)

部屋の向きと眺望については、宿泊記のあとに「上手なホテルの予約方法」で説明します。

横浜ロイヤルパークホテルの部屋から見える東京方面の景色

左方向は、奥の方に東京方面が見えます

クラブフロアの部屋からの景色(都心方面)

都心方面をズーム

クラブフロアの部屋からの眺め

窓から下方向を見下ろすと、今いる場所の高さがわかります

ほかでは見ることができない、ここだけの特別なみなとみらいビュー

インスタで動画を見られます

65階の高さから、圧巻の景色が楽しめます。

まるでランドマークタワーの展望台の一部分を、貸し切っているような感覚!
(価値ありますね

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

写真で見るルームツアー

さて、ルームツアーにまいりましょう。

「ザ・クラブ」デラックスツインのソファ

窓際に置かれたソファ

ベージュが基調のクラシカルでやさしい印象のインテリアです
(気持ちが落ち着く

スカイリゾートフロアのデラックスツインのベッド

ベッドの上には波のアート

部屋の広さは41㎡、広くてゆったりしています。

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」のベッドサイドテーブルと空気清浄機

ベッドサイドテーブルと空気清浄機

サイドテーブルに置いてあるタブレットで、部屋の設備の操作が簡単にできます。

カーテンの開閉や照明、エアコンの温度設定など、便利で快適でした。
(あちこち行かずにここで済んじゃう

枕元には、コンセントやUSBポートもベッドごとにあります。
(完ペキ!)

スカイリゾートフロアのデラックスツインの壁面収納

機能的でスッキリしている壁面収納

(わが家もこんなふうにしたい…)

ザ・クラブのデラックスツイン客室のコーヒーコーナー

コーヒーコーナーにはコーヒーマシンと電気ケトル

コーヒーマシンはネスプレッソです。
(漂うクラブフロア感)

スカイリゾートフロアのグラス収納棚

テレビの横には収納棚と引き出し

棚にはグラス類がキレイに収められています
(なにもかもが美しい)

横浜ロイヤルパークのホテルラベルがついたペットボトル水

ホテルラベルがついた無料のペットボトル水

「ザ・クラブ」デラックスツインのお茶セット

箱の中には梅昆布茶、ほうじ茶、緑茶のお茶セット

「ザ・クラブ」のデラックスツイン客室の冷蔵庫

冷蔵庫にはひと通りの飲み物がそろっています

グラス棚の下には冷蔵庫。

ドリンク類の価格は、

  • ビール 660円
  • ハイボール・カクテル・サワー 550円
  • ソフトドリンク(ペリエ・コカコーラ・お茶など)432円
  • キットカット・おつまみ 540円

でした(すべて税込)

白い引き出しに、ナイトウェアが入っていました。

スカイリゾートフロアのナイトウェア(セパレートタイプ)

パジャマはセパレートタイプ

この上下別タイプは、浴衣と比べて部屋着として使うときにも快適ですね。

横浜ロイヤルパークホテル「ザ・クラブ」のデラックスツイン客室

クローゼットと鏡

クローゼットと鏡が向かい合わせになっています。
(便利!)

クローゼットの中のバスローブ

クローゼットの中にバスローブ発見

クローゼットの中にある小さなチェストとスリッパ

クローゼットの下に小さなチェストとスリッパ

このチェストの中に、金庫とランドリーサービスのアイテムがありました。

スカイリゾートフロア客室の金庫

引き出しの中に金庫!

「ザ・クラブ」デラックスツインのスリッパ

シックな黒いスリッパ

スリッパの履き心地、良いです。

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

浴室とアメニティ

続いてバスルームへ。

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのバスルーム

バスとトイレは同じスペースに

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのバスルーム

洗面台にきちんと置かれたタオルとアメニティ

アメニティは、ホテルのロゴが入ったシックなケースに入っています。

ケースのフタをオープン。

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのアメニティ

アメニティ一式とドライヤー

ドライヤーはパナソニックです。

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのアメニティ一式

1人分のアメニティを並べてみました

アメニティの内容

  • 歯ブラシ
  • レザー
  • ヘアブラシ
  • ボディタオル
  • ロクシタンのボディケアセット
    (ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、ボディクリーム)
  • ヘアバンド
  • コットンと綿棒のセット

ハンドソープが、洗顔料と兼用になっています。

シトラス系というかジャスミン系というか、とてもいい香りでした。

そして、驚いたのがスキンケアセット。

アメニティのC.O.BIGELOW LABOTTEGAのスキンケアセット

C.O.BIGELOW LABOTTEGAのスキンケアセット

アメニティとは思えないほどのたっぷりサイズです。
(もはやプチギフト

スキンケアセットの内容

  • メイク落とし
  • 洗顔フォーム
  • 化粧水
  • 乳液
スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのバスタブ

シャワーつきのバスタブ

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのシャワーブース

バスタブの隣に独立したシャワーブース

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインのトイレ

シャワーブースの隣にトイレ

ホテル内で使える無料のWi-Fiパスワードは、チェックインのときにもらった案内に記載されています。

スポンサーリンク

さぁ、クラブラウンジへ

14:40頃にクラブラウンジへ。

クラブラウンジの営業時間は、7:00~21:00です。

11:00~15:00 ティータイム
15:00~18:00 アフタヌーンスナック
18:00~21:00 イブニングカクテル
7:00~10:00 朝食

ティータイムには、クッキーやスナック、ドリンクが楽しめます。

詳しくは後日掲載予定の記事にまとめますので、しばらくお待ちください🙇‍♀️

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

部屋でコーヒータイム

15:30 ラウンジから戻り、客室にあるネスプレッソでコーヒータイム。
(ラウンジでも飲んだのに?

横浜ロイヤルパークホテル「ザ・クラブ」デラックスツインのネスプレッソ

ネスプレッソのカプセルがケースに収められています(ジュエリーみたい)

カプセルは4種類。
味の特徴が書かれていて、どれもおいしそうで迷う!

横浜ロイヤルパークホテル「ザ・クラブ」デラックスツインで楽しむネスプレッソ

カップはネスプレッソのロゴ入り

安定のルンゴにしました。

自宅でドルチェグストを愛用中ですが、やっぱり美味しいネスプレッソ。
(上級レベル感がすごい)

これも、非日常の特別な体験のひとつです。

横浜ロイヤルパークホテル「ザ・クラブ」デラックスツインのソファからの眺め

ソファーでくつろぐとこんな眺めに

美味しいコーヒーと快適なソファ、窓の外は絶景

ただいま、贅沢な時間を満喫しております!!!

静かな部屋ですが、かすかに聞こえてくるジェットコースター方面からの悲鳴
(みなとみらいあるある

天空のスパへ

16:05 49階にあるランドマークスパへ

ザ・クラブに宿泊すると、スパが無料で使えます。

一般外来で利用すると、ざっくり4,000円以上かかります。

日頃、スパにはあまり縁がないですが、せっかくなので行ってみました。

スパにはロクシタンの世界が広がっていて、テンションUP!

詳しくは、後日掲載予定の記事にまとめますので、しばらくお待ちください🙇‍♀️

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

夕景から夜景へ

夕方から夜の、部屋からの景色を撮影しました。

横浜ロイヤルパークホテル スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」ベイビューの夕景

合成パノラマ写真です。遠くには都心のビル群も

雲が多かったこの日。

でも、だんだん暗くなり、周りの建物の灯りがついていく様子は美しいです。

クイーンズスクエアと横浜ベイホテル東急が見えます。

よこはまコスモワールドのアトラクションが色鮮やかに目立ってきます。

横浜ロイヤルパークホテルのベイビューの夕景

少しずつ夜景に変わっていくみなとみらい

観覧車もクルクル色が変わり、スーパープラネットという乗り物はニコちゃんマーク に見えます
(でもニコちゃんマークではない罠

夜景に移り変わる、夕景の時間もまた良き。

スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインからの夕景

左方向の眺めはビルがたくさん

横浜ロイヤルパークホテルスカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインからの夜景

完全に日没して夜景になりました

イルミネーションがきれいなグランモール公園の並木が目立っています。

横浜ロイヤルパークホテルスカイリゾートフロア「ザ・クラブ」ベイビューの夜景

観覧車が見える部屋、最高です

観覧車、クイーンズスクエア、横浜ベイホテル東急、インターコンチネンタルホテル、ハンマーヘッドも視界に。

ロイヤルパークホテル横浜スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインからの夜景(パノラマ)

みなとみらいの有名スポットが集結した夜景(パノラマ)

くり返しになりますが、ランドマークタワーは高さがあるので、
本当に夜景がすばらしいですね!

まさに、ここでしか体感できない非日常の景色
(ずーっと見ていられる

その後、部屋のお風呂にお湯を入れて疲れを癒し、リフレッシュ。

バスルームとシャワーブースが別で、すごく気持ちいいひととき。

バスルームも部屋も、全体的に掃除が行き届いていて、清潔感があります

機能的で使いやすいし、広くて快適でした
(住めたら最高だなー

終始、気分良く過ごせました。

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

クラブラウンジで朝食

翌朝は、クラブラウンジで朝食です。

ザ・クラブに泊まらないと食べられない、レアな朝食。

予想通り食べ過ぎました

こちらも後日掲載予定ですので、しばらくお待ちください🙇‍♀️

チェックアウトまでの楽しみ方

部屋に戻って、ネスプレッソコーヒーと新聞タイム。
(ネスプレッソ再び)

新聞もサービスで、部屋のドア外に届けてもらえます。

ふだんこんな優雅な時間はないので、これもホテルステイならではの過ごし方です。

横浜ロイヤルパークホテルスカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインの客室

午前中のコーヒータイム

昨日と違ってカラっと晴天。
窓の外はとても明るく感じました。

横浜ロイヤルパークホテルスカイリゾートフロア「ザ・クラブ」デラックスツインからの眺望

晴天のみなとみらい(気持ちいい!)

チェックアウトまで、部屋からの眺めを存分に楽しみました。

チェックアウト

チェックアウトは11:00。

部屋を出るときはいつも寂しいです
(あっという間にこの時間が来てしまった

チェックアウトは、手間がかからないのがよかったです。

ラウンジでの朝食の受付時に、冷蔵庫の利用がなかったのでクイックチェックアウトの封筒をもらいました。

この封筒をスタッフさんに渡せばチェックアウトできます。
(どなたでもOKとのこと)

デスクに立ち寄らなくていいので便利。

待ち時間がないから、すぐ次の予定へ行けます

ありメモのミニメモ
- おみやげショップ情報 -
近くでおみやげを買うなら、手軽なのが「ヨコハマメモリーズ」。
横浜・湘南・鎌倉を中心としたお土産店です。
有明ハーバーなど、横浜の有名ブランドが揃います。
場所:ランドマークプラザの5階

ホテルの評判や口コミ

横浜ロイヤルパークホテルの、宿泊者のクチコミや評価を知りたいときは、予約サイトが参考になります。

横浜ロイヤルパークホテルのクチコミを見る

Googleマップの口コミでは5,600件で4.4と高評価です。
(2024年3月時点)

ここで、気をつけておきたいポイントをひとつ。

ホテルや旅館全般に言えることですが、過去の内容と変わっていることがあります。

クチコミや宿泊記は参考にとどめ、実際の体験を最大限楽しむことをおすすめします。
(こうして宿泊記を書いている私が言うのもなんですが

上手なホテルの予約方法

部屋の向きと眺望

せっかく泊まるなら、
「観覧車が見える部屋に泊まりたい」
「富士山が見える部屋に泊まりたい」
など、眺望の希望がある人もいますよね。

横浜ロイヤルパークホテルは、真上から見ると四角形。

北東側と南東側がベイビュー、南西側と北西側がシティビュー。

部屋の向きと眺望は、次のようになります。

部屋の向き眺め見えるもの
北東ベイビュー/海側インターコンチネンタルホテル・大観覧車・横浜ベイブリッジなど
南東ベイビュー/海側大さん橋・赤レンガ倉庫・山下公園・マリンタワー・横浜スタジアムなど
北西シティビュー/街側富士山・桜木町駅・丹沢山地・横浜市街地など
南西シティビュー/街側横浜駅周辺・みなとみらい21地区・横浜市街地・東京都心方面など

眺望の写真つきで紹介されたページが、じゃらんに掲載されています。
(プランを選ぶときにわかりやすい

じゃらんの詳細ページへ  公式

横浜ロイヤルパークホテルのイチオシ紹介

見たい眺望(海側か街側か)のプランを選んで、予約時に「○○の景色を楽しみにしています」とひと言添えると、希望がかなうかもしれません。

あくまでリクエストなので「絶対かなう」とは言えませんが、ホテル予約時のちょっとしたコツです

少しでも安く泊まるには

ホテル宿泊の費用を抑えるコツは、予約サイトを比較して、安い日や安いプランを選ぶこと。

料金だけじゃなく、プラン内容の充実度も大切です。

プレゼンテーションを存分に楽しみたいなら、チェックインとチェックアウトの時間もしっかり確認することをおすすめします。

ちなみに今回はローラーした結果、楽天トラベル から予約しました。

ここだけの話ですが、これまでの経験では
一休.com楽天トラベルじゃらんnet
のどれかで予約することが多いです。
(つまりコスパがいいプランやキャンペーンがある)

個人的な肌感ですが、クラブフロアで
1室4万円くらいのプランをもし見つけたら、即決レベルの超お得価格です。
(なかなかレアですが

横浜ロイヤルパークホテルの詳細・予約ページへ

ホテルへのアクセス

横浜ロイヤルパークホテルの最寄駅は、みなとみらい駅と桜木町駅です。

みなとみらい駅からは、ビルの中を通るので、雨でもほぼ傘をささずに行けます。

JR桜木町駅からも動く歩道があるので、どちらの駅からもアクセスしやすいのがメリット。

羽田空港や成田空港からのリムジンバス(有料)もあります。

駐車場は有料で、ランドマークタワーの地下(屋内)に1,400台分あります。
(ほかの施設と共用)

ホテルの周辺には、商業施設やレジャー施設が充実。

みなとみらいエリアの観光の拠点として、立地は最強と言っても過言ではありません。

宿泊した感想とまとめ

横浜ロイヤルパークホテルのクラブフロア宿泊記をお届けしました。

泊まってみて感じた、気をつけておきたいところと、よかったところをまとめます。

気をつけておきたいところ

これから行くなら気をつけておきたい点は、服装です。

クラブフロアのラウンジを利用するなら、服装は上品に。

上質な空間にふさわしい装いで行けば、ソワソワすることなく、落ち着いて過ごせます。

スマートカジュアル以上なら間違いなし

よかったところ

滞在してよかった点を、ホテル・部屋・プランでそれぞれまとめます。

ホテル

  • ランドマークタワーに泊まるというレアな体験ができた
  • 駅が近く、周りに商業施設やレジャー施設が充実していて立地が良い

ホテルでのおこもり派もおでかけ派も、きっと満足できる時間を過ごせます。
(1日では足りない!)

旅行はもちろん、記念日・誕生日や、ビジネスにもおすすめです。

部屋

  • 眺望や夜景が最高。ここにしかない、特別な横浜ビュー
  • 掃除が行き届いていて清潔なので、気分良く過ごせた
  • 広くてゆったりしているので、気持ちが落ち着く
  • ベッドサイドのパネル操作が便利で快適
  • 美味しいネスプレッソが楽しめる

とにかく部屋からの景色がすばらしいです。

ランドマークタワーの展望台からの景色(一部ではありますが)を、部屋から貸切状態で見られるので、おトクな気分になります。

ラウンジ・クラブフロア

  • 食事系のメニューが美味しい
  • メニューの補充がきちんとされる
  • ラウンジからの眺めもまた素晴らしい
  • スタッフさんのサービス良いので、気分がいい
  • 上質な空間で、高級ホテルにいることを実感
  • ラグジュアリーなスパが無料で使える
  • チェックアウトが時短

部屋もラウンジも、景色がほんとに良いのでおすすめです。

なんだかんだ言って、
横浜ロイヤルパークホテルはやっぱり景色が最高!

終わってみれば、帰宅後にロスになるくらい良いステイでした。

またリピートしたいですし、水天宮のロイヤルパークホテルにも行ってみたいと思っています。

ホテルステイは人生のご褒美。

贅沢で上質なサービス、美味しい食事、快適な空間に身を置くと、心に潤いをもたらしてくれます
(リフレッシュ!)

「行きたい!」と思ったときが、人生の中で間違いなく楽しめるとき

横浜ロイヤルパークホテルでしかできない、大人の時間を楽しんでみてはいかがでしょうか

以上、最後まで目を通していただいてありがとうございました。
あなたのメモのひとつとして、この ありメモ が役立つことを願いながらおしまいにします。

また別の記事でお会いしましょう

東京・横浜エリアのホテルの宿泊記がほかにもあります。
もし興味がありましたら、ページ下からのぞいてみてください!

このページで紹介したリンクまとめ

横浜ロイヤルパークホテルの各予約サイト

客室からの眺望の詳細ページへ  じゃらん公式

横浜ロイヤルパークホテルのイチオシ紹介

 

タイトルとURLをコピーしました