初めてのニューヨーク旅行 7日間のモデルコース【個人で観光】

2018年7月、初めてニューヨークへ旅行した、ありメモの Yumi です。
5泊7日、個人のフリープラン。
数ヶ月かけて念入りに計画したスケジュールと、気をつけたポイント、反省点などをまとめます。
モデルコースのひとつとして、NY旅行計画の参考にどうぞ!

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

ニューヨーク旅行 7日間のモデルコース

このモデルコースのポイント

個人でフリーツアーを手配

この旅は、ホテルと飛行機のみ予約して、あとはすべてフリーとなるスタイルです。

JALの海外ダイナミックパッケージを利用しました
(タイムセールでとても安かった!

JALダイナミックパッケージの詳細を見る 公式

JAL海外ダイナミックパッケージ

オプショナルツアーを活用

メインとなる観光は、ゆったりと自分のペースで楽しみたい。

なので、自分で行けそうな観光地は、徒歩や地下鉄などを利用して行きました。

自力で行くのはちょっと難しそう、大変そうという場所は、観光のオプショナルツアーを予約しました。

メインで利用した予約サイトはベルトラです。
(とにかくツアーの種類が豊富!)

ベルトラのオプショナルツアーを見る 公式

ニューヨークのオプショナルツアー VELTRAicon

1週間をできるだけ効率的に過ごす

7日間の旅行で、NYで自由に動ける日数は5日間。

巡りたいスポットがたくさんあるので、滞在中にできるだけ効率的に回れるように計画しました。
(わりと事前にガッツリ計画するタイプです

定番・人気の観光スポットを楽しむ

初めてのNY旅行なので、名所や人気の観光スポットを押さえました。

旅の楽しみ方は観光がメイン

旅行の目的が観光メインなので、次のアクティビティは除外しています。

  • 美術館
  • 博物館
  • おみやげと食事(テイクアウト)以外のショッピング

NYのグルメを楽しむ

カフェレストランでは、NYを感じられるパンケーキやエッグベネディクト、フレンチトーストを。

NYでは外せないベーグル専門店や、話題のフードホールでの食事を楽しみました。

ただ、全体的に外食の回数は少な目になっています。

滞在費用を安くするために、滞在ホテルのラウンジを有効活用しているためです。

ペースは少しだけゆったり

個人的に、ハードスケジュールの旅は苦手なので、旅程は少しだけゆったりめのペースにしています。

ニューヨーク5泊7日のスケジュール

できるだけ効率的に人気観光スポットを回れるように、日ごとに訪れるエリアを分けて計画しました。

5泊7日のスケジュール

  • 1日目:渡米~ミッドタウン観光①
  • 2日目:ナイアガラの滝 日帰り観光
  • 3日目:ミュージカル鑑賞・ミッドタウン観光②
  • 4日目:自由の女神・ブルックリン観光・夜景ツアー
  • 5日目:ワールドトレードセンター・ウォール街・ハイライン観光
  • 6~7日目:帰国

スケジュールを詳しくまとめていきます。

記載している時間は、実際に動いた時間です。
(移動や観光の所要時間なども、参考になれば

とくに記載がない場合の移動は徒歩です。

1日目:渡米~ミッドタウン観光①

ニューヨークのタイムズスクエア

世界の交差点とも言われるNYタイムズスクエア

Photo by Yumi / ありメモ

10:40 羽田発 JAL6便

~日付変更線通過~

10:45 NY(JFK空港)着
 オプショナルツアーの乗合車で移動
12:30 ホテル(ヒルトンミッドタウン)着 荷物を預けて観光へ

12:40 ホテル近くのカフェ、JOE&THE JUICEで休憩
14:00 タイムズスクエア観光

15:00 ホテルへ戻ってチェックイン

16:00 ミッドタウンエリア観光へ出発
16:30 セント・パトリック大聖堂(入場)
~5番街を歩く~
16:50 トランプタワー(入館)
17:10 ティファニー(外観)
17:20 プラザフードホールで夕食

18:50 ホテル着

2日目:ナイアガラの滝 日帰り観光

ナイアガラの滝の全景

世界三大瀑布のナイアガラの滝

Photo by Yumi / ありメモ

この日は、ナイアガラの滝の日帰り観光へ。

あっとニューヨークというニューヨークのツアー会社で申込みしました。
(JTBやHISとも提携している旅行会社

早期申し込みということもあり、数社で比較した中で、いちばん安かったです。

ナイアガラ日帰り観光ツアーの詳細を見る 公式

あっとニューヨーク

3日目:ミュージカル鑑賞・ミッドタウン観光②

セントラルパークの水辺の風景

ニューヨークに行くなら訪れたいセントラルパーク

Photo by Yumi / ありメモ

9:00~10:10 THE SMITHでパンケーキの朝食
10:15~11:10 セントラルパーク散策
 地下鉄で移動
12:00~13:00 ホテルへ戻り、軽食と休憩

13:20 ブロードウェイ ミンスコフ劇場に到着
14:00~16:30 ライオンキング鑑賞

16:50 ミッドタウンエリア観光へ出発

17:00 ブライアントパーク
17:15 NY市立図書館(入場)
17:40 グランド・セントラル・ターミナル(入場)
18:10 ロックフェラーセンター
18:40~19:20 トップ・オブ・ザ・ロック展望台

19:40 ハラルガイズで夕食をテイクアウト
20:15 ホテル着

4日目:自由の女神・ブルックリン観光・夜景ツアー

海上から見る自由の女神

リバティ島に立つ自由の女神

Photo by Yumi / ありメモ

6:25 ホテルで朝食
7:20 ホテル出発
 地下鉄で移動
7:55 バッテリーパーク到着
8:50 Statue Cruises乗船 出航
9:05 リバティ島上陸 自由の女神観光
10:45 Statue Cruises乗船 出航
11:23 バッテリーパークへ帰着

12:00 Hudson Eatsでランチ
 地下鉄で移動
13:00 ブルックリン・ダンボ観光
ブルックリンブリッジパーク散策
14:00 Brooklyn Roasting Companyで休憩

14:40~15:20 ブルックリンブリッジを徒歩で渡る

 地下鉄で移動
※下車後、DuaneReadeでおみやげを購入

16:35 Pick A Bagelで夕食のベーグルをテイクアウト
17:20 ホテルで夕食

20:00 オプショナルツアーでNY夜景巡り
23:00 ホテル着

5日目:ワールドトレードセンター・ウォール街・ハイライン観光

ウォール街の道路標識

世界経済の中心地、ウォール街

Photo by Yumi / ありメモ

9:00 ブション・ベーカリーで朝食
10:00~10:15 コロンバスサークル観光

 地下鉄で移動

10:50~11:40 ワン・ワールド展望台
11:50 9.11メモリアル
12:00 オキュラス(入場)

12:20 トリニティ教会(外観)
12:25 ウォール街観光
・ニューヨーク証券取引所(外観)
・フェデラル・ホール(入場)
・フェデラル リザーブ バンク オブ ニューヨーク(外観)

 地下鉄で移動

13:20 チェルシーマーケット
 ※ここでランチの予定が混雑で断念
13:35~14:00 ハイライン散策

14:35 フラットアイアンビル(外観)
14:45~15:00 マディソンスクエアパーク

 地下鉄で移動
※下車後、おみやげとランチを購入

16:00 ホテル着 ホテルで夕食

20:00 ショッピング(おみやげ)
21:00~21:25 夜のタイムズスクエア

21:50 ホテル着

6~7日目:帰国

9:05 ホテルチェックアウト
 オプショナルツアーの乗合車で移動
10:20 JFK空港着

13:25 JFK発 JAL5便

~日付変更線通過~

16:25 羽田着

スケジュールの計画時に気をつけたこと

NY旅行のスケジュール計画で、気をつけたポイントをまとめます。

オプショナルツアー

飛行機内から見える田園風景

Photo by Yumi / ありメモ

ナイアガラの滝の日帰りツアーは、往復とも飛行機(LCC)利用です。

天候やトラブルなどで、飛行機が遅延・欠航する可能性がありました。

もし遅延してNYへ戻る日時が遅れた場合、日本への帰国便に乗れなくなると困ります。

なので、日帰りツアーはNY滞在日の最初の方に組み込みました。

オプショナルツアーによっては、毎日催行しないツアーもあります。

催行条件などは念入りに確認することをおすすめします。

レストランやミュージカル

レストランやミュージカルなどは、営業日や営業時間に注意が必要です。

行きたい日時に営業・公演しているかを調べてから、スケジュールに組み込んでいくとスムーズです。

できるだけ予約をして、できない場合は、現地に行ってNGだった場合の代替案を、ざっくりでも考えておくと安心です。

混雑する時間を避ける

船に乗る乗客の行列

Photo by Yumi / ありメモ

現地での滞在時間は限られているので、混雑は避けたいところです。

トップ・オブ・ザ・ロックとワールドトレードセンター、自由の女神には、個人で行きました。

混雑の影響を最小限にするため、トップ・オブ・ザ・ロックは事前に入場日時を指定。

ワンワールド展望台は、比較的すいているという平日の午前中に行きました。

自由の女神はスケジュール上、あいにく日曜になってしまったので、朝早く行くことにしました。

早くと言ってもどれくらい…?
という疑問は、同じようにリバティ島へ上陸するオプショナルツアーの朝の時間を参考にして解決。

ツアーの時間よりも早めに現地へ到着すれば、混雑を避けられる可能性が高まります。

逆に、ウォール街は活気のある普段の雰囲気を味わいたいと思ったので、平日の日中に訪れることにしました。

疲れと時差ボケ対策

旅行は気力も体力も使うので、疲れを取ることも大切です。

時差も体に負担がかかるので、滞在中は早起きする日と、少し遅く起きる日を交互にしました。
(睡眠時間をなるべく確保!)

初日も、観光は軽め&早めに切り上げて、早くベッドに入って体を休めます。

今回のスケジュールの反省点

このスケジュールで旅行を終えて、反省点が2つあります。

  1. 徒歩移動が多くて足が疲れた。さらに初夏の晴天日はとても暑くて熱中症になりそうだった。
  2. 5日目のチェルシーマーケットは大混雑!
    早く脱出したくなって、ランチを食べそびれた。代替案を考えておけば良かった。

7月上旬の晴天日は相当な暑さで、外にいるだけで汗が噴き出すような状況でした。

散歩好きだし、せっかくのNYの街の雰囲気を味わいたくて、あまり乗り物を使わず徒歩移動を選んで計画しました。

でも、もう少し乗り物を使っても良かったかな、と反省です。

まとめ

初めてのニューヨーク旅行の7日間モデルコースと、計画時に気をつけたこと、反省点などをご紹介しました。

このスケジュールで旅してみて、結果としては大満足です。

自分でたくさん調べて計画した分だけ、とても思い出に残る旅になりました。

この記事が、あなたの旅行計画のお役に立てばうれしいです

なお、このNY旅行の旅行記も掲載していますので、このページの下からどうぞ!

 

以上、最後まで目を通していただいてありがとうございました。
あなたのメモのひとつとして、この ありメモ が役立つことを願いながらおしまいにします。

また別の記事でお会いしましょう

 

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

このNY旅行についての全記事まとめ

タイトルとURLをコピーしました