電子レンジで作るガムシロップの作り方【超簡単!少量もOK】

アイスコーヒーが大好きな Yumi です。
ここではシンプルな材料と電子レンジを使って簡単にできる、ガムシロップ(シュガーシロップ)の作り方をご紹介します。
少量だけ作りたいときにも便利です。

用意するもの

用意するもの

  • 計量スプーン(大さじ)
  • 容量180~200mlくらいのマグカップ
    (電子レンジ用耐熱容器)
  • 電子レンジ

電子レンジで使う耐熱容器は、作るガムシロップの容量より大き目(3~4倍くらい)の容量のものを選ぶと安心なので、マグカップにしています。

ガムシロップの量にピッタリサイズの容器で作ると、加熱中に吹きこぼれて、電子レンジ内が大惨事になる恐れがあります(←経験者

ガムシロップの材料

ここで紹介している分量は、私がいつも作っている量になります。

衛生上のことを考えて、目安として2~3日で使い切れる量です。

使う量は個人差があると思いますので、まずは試しにこの量で作ってみて、あとは増やしたり減らしたり、調整してみてください

ガムシロップの材料

  • 砂糖:大さじ2
  • 水:大さじ2

砂糖と水が1:1になる分量で作ればOKです。

砂糖の種類は、上白糖・グラニュー糖・三温糖など、ふだん使っている砂糖でOKです。

ガムシロップの作り方

では、さっそく作り方の説明です。

①マグカップに砂糖大さじ2を入れる

砂糖大さじ2をマグカップに入れます。

自家製ガムシロップのレシピ

②マグカップに水大さじ2を入れる

続いて、水大さじ2をマグカップに入れます。
自家製ガムシロップのレシピ

③電子レンジで②を加熱する

600Wで40秒くらいです。

④よくかきまぜる

自家製ガムシロップのレシピ

砂糖が完全に溶けるまでよーく混ぜます。

うまく溶けないようなら、10秒ずつ追加で加熱して、様子をみながら溶かします。

⑤完成!

これでできあがりです。

サラサラした、とろみのないシロップができあがります。

冷蔵庫で保存

できあがったガムシロップは、保存容器に入れて冷蔵庫で保管して、だいたい2~3日で使い切るようにしています。

冷えていくことで、少しずつとろみがでてきます。

保存容器は、前は100円ショップの容器を使っていました。

でも、注ぐときにどうしても液だれしてしまう…
(砂糖だからベタベタに

なので、買い換えて今はこのしょうゆさしを使っています

白山陶器 G型しょうゆさし小
白磁サイズ:直径5.6×高さ7.2cm

サイズも大さじ2で作る量にピッタリ。

注ぎやすくて液だれもしないので、ノーストレスになりました

少量作りたいときは

ドリンク1杯分用など、少量で作ることもできます。

季節の変わり目など、今だけ使いたいというときに便利です。

先ほどのレシピでは大さじを使っていますが、小さじや好きな計量方法で作ればOKです。
(ティースプーンでも代用できます!)

砂糖と水を1:1の割合で作れば大丈夫です。

レンジの加熱時間は、まず10秒で試してみてください。
(砂糖が溶けないようなら、さらに10秒追加で)

ここでちょっとした効率化の話を…

少量で作るときは、ガムシロップ用のマグカップを用意しなくても、レンジOKのドリンクカップを使えば洗い物をひとつ減らせます

たとえばこちらのダブルウォールグラス

このダブルウォールグラスで
ガムシロップ入りアイスコーヒーを作るときの手順

  1. ダブルウォールグラスに砂糖と水を入れる
  2. レンジで10秒加熱する
    (足りなければさらに10秒追加)
  3. よくかきまぜて砂糖を溶かす
  4. 3に氷を入れる
  5. アイスコーヒーを注ぐ

ダブルウォールグラスは保温性・保冷性も高くて結露しにくく、見た目もおしゃれ。

とても便利で気に入っています

アイスコーヒーとガムシロップ

愛用中のダブルウォールグラスとしょうゆさし(ガムシロップ用)

このダブルウォールグラスについて、詳しくはこちらにまとめています

ガムシロップを作ろうと思ったきっかけ

ふだんから毎日コーヒーが欠かせないので、自宅でコーヒーマシンを導入しています。

コーヒーはその時の気分によって、ブラックも微糖も両方楽しみたい。

微糖の時に、市販のガムシロップを使うのにはいろいろと問題がありまして、代わりにハチミツを使っていました。

ですがアイスコーヒーを飲む季節になると、すごい勢いでハチミツがなくなってしまいまして…

これはちょっと別の方法を考えた方がいいな、と思ったのがきっかけでした。

ガムシロップを手作りするメリット

このガムシロップは実際に作って使ってみると、メリットがたくさんありました。

手作りガムシロップのメリット

  • 家にある材料でできる
  • ガムシロップ買わなきゃ!という在庫管理が必要ない
  • ガムシロップを買うよりもコストが安い
  • すぐに作れる
    (来客のときも便利)
  • 使用する量の調整が自由自在
    (市販の個包装だと中途半端に残ったりする)
  • 作る量の調節も自由自在
    (1:1の割合で簡単にできる)
  • 保存料や添加物の心配がない
  • 個包装の容器などのゴミが出ない

まとめ

電子レンジで作るガムシロップの作り方をお届けしました。

アイスコーヒー以外にも、ヨーグルトやアイスティーなど、ほかの使い方もいろいろありますね。

保存料や添加物の心配がないのも、安心感があっていいと思います。

気になった方は、ぜひ試してみてください!

 

以上、最後まで目を通していただいてありがとうございました。

あなたのメモのひとつとして、この ありメモ が役立つことを願いながらおしまいにします。

また別の記事でお会いしましょう

タイトルとURLをコピーしました