ニューヨーク旅行:徒歩で渡るブルックリンブリッジ体験記

ニューヨークで有名な橋のひとつ、ブルックリンブリッジ。
その歴史は100年以上と古く、ロケ地として多くの映画やドラマ、CMなどにも登場しています。

この橋は、徒歩で渡ることができます。
渡りながらマンハッタンの絶景を存分に楽しめるので、オススメです。
実際に渡った時の様子を、撮影した写真とともにご紹介します。

ブルックリンブリッジとは

ブルックリンブリッジは、ニューヨークのロウアーマンハッタンとブルックリン(DUMBO)を結ぶ橋です。
橋の下はイーストリバーです。

橋の外観の特徴は、橋を支える棟のデザインと、まるで蜘蛛の巣のように張り巡らされたケーブル。
橋は2層構造になっていて、下層は車、上層は歩行者と自転車が通れるようになっています。

ブルックリンブリッジを徒歩で渡るメリット

車で渡ることもできますが、オススメしたいのは徒歩です。
そのメリットを挙げてみますと…

  • 歩道の上部には遮るものが何もないので、開放的な景色を楽しめる
  • NYらしい景色を見ることができる
  • 好きなタイミングで好きなだけ写真を撮ることができる
  • 橋での滞在時間が長い分、思い出として記憶に残る
  • ブルックリンブリッジを徒歩で渡ったという達成感が得られる

特に旅行などで訪れていて、ある程度の時間が取れる場合は、歩いて渡ってみることをオススメします

ブルックリンブリッジを徒歩で渡る前にチェックしておきたいポイント

距離と所要時間

ブルックリンブリッジの全長は約1.8kmです。
途中で写真を撮りながら、ゆっくり歩いて40分ほどでした。
歩くペースが速い人であれば、30分ほどで渡ることも可能でしょう。

どちら側から渡るのが良いか

マンハッタン側からブルックリン側へ渡るか、それとも逆から渡るか。
もしどっちかで迷っている場合は、ブルックリンからマンハッタンへ渡る方をオススメします。

理由は、進行方向の視界に入る景色です。
マンハッタンの高層ビル群を眺めながら歩く方が、NYらしさを感じられて、圧倒的に楽しめます。

ブルックリンブリッジからブルックリン側の眺め

マンハッタンからブルックリンへ向かう場合の景色

ブルックリンブリッジからマンハッタン側の眺め

ブルックリンからマンハッタンへ向かう場合の景色

歩行中に気をつけること

橋を歩いて渡る時の注意点です。

  • 歩道では進行方向が決められている(路面に描かれています)
  • 自転車も通るので要注意
  • ところどころ、道幅が狭くなる
  • 夏の晴天時などは炎天下になるので、帽子、サングラス、水分補給などの対策を
  • 冬は積雪する場合もある

特に混雑している場合は、周りに注意を払って、自転車などとぶつからないように気をつけてください。
そして写真を撮る時など、急に立ち止まったりしないようにしましょう。

実際に渡ってみました

ここから、実際に渡った時の様子を写真と共にご紹介します。
この時はブルックリン観光を終えたあと、ブルックリンからマンハッタンへ向けて歩きました。

※ブルックリン観光のフォトスポットについてはこちらにまとめています。

ブルックリンDUMBO 撮影スポットを徒歩2時間で巡るモデルコース
ニューヨークの中でもブルックリンのダンボ(DUMBO)はフォトスポットの宝庫。その中でも有名&定番な撮影スポットを徒歩2時間ほどで巡るモデルコースをご紹介します。NYビギナーの方にオススメ。現地で撮影した写真と、コースの地図も参考にどうぞ。

ブルックリンブリッジの歩道入口(ブルックリン側)

ブルックリンからブルックリンブリッジへ向かう場合です。
ブルックリンブリッジの歩道入口の場所は、ワシントン・ストリート沿いにあります。
プロスペクト・ストリートの少し南側、ブルックリンブリッジが高架になっているのでその真下になります。
ブリッジの下に入ると、上る階段があります。

ブルックリンブリッジの真下、向かって右の石壁のところに階段があります(Googleストリートビュー)

いざ、橋をわたる!

ブルックリンブリッジの歩道(ブルックリン側)

橋の上に出てすぐのところは、地面はコンクリートです

上ったらすぐに、マンハッタンの高層ビル群が進行方向に広がります。
1番高いのはワンワールドトレードセンター。

ブルックリンブリッジの歩道(ブルックリン側)

後ろを振り返った時の景色(ブルックリン側)です

ブルックリンブリッジの歩道

橋の本体に差し掛かると、路面は木製に

ブルックリンブリッジの塔

1つめの塔が近づいてきました。ケーブルの量が多いですね

ブルックリンブリッジからマンハッタン側を望む

橋の下層が車道(片側3車線)になっているのがわかります

ブルックリンブリッジの塔

塔は近くで見ると大迫力!

ブルックリンブリッジの塔にあるプレート

塔の足元に設置されたプレート

ブルックリンブリッジの塔

塔を下から見上げています。圧倒的な存在感!

ブルックリンブリッジの歩道からの眺め

最高の眺めです。左方向奥には小さく自由の女神

ブルックリンブリッジの歩道からの眺め

右方向にはマンハッタンブリッジ

ブルックリンブリッジの歩道からの眺め

開放的な景色が続きます

ブルックリンブリッジの歩道の様子

時々、外国人に写真を頼まれたりして、ちょっとしたふれあいも楽しい

ブルックリンブリッジの歩道からの眺め

右方向にはエンパイアステートビルとクライスラービルも見えます

ブルックリンブリッジとマンハッタンビル群

この丸いのは…なんだろな?

ブルックリンブリッジから眺めるマンハッタン

だいぶマンハッタン側に近づいてきました

ブルックリンブリッジの歩道

橋は川面の上から陸の上へ。マンハッタン側へ上陸です

そのまままっすぐ、道なりに進んで行くと、橋は終了です。
そのすぐ近くにはニューヨーク市庁舎があります。
市庁舎の周囲にはベンチがあってひと休みできます。

NYに生息しているリス

ひと休み中に遭遇したリス。NYではわりと見かけます。癒やし~♪

NY市庁舎周辺には地下鉄の駅がたくさんあるので、ここからの移動は地下鉄が便利です。

最後に

ブルックリンブリッジを徒歩で渡った時の様子を写真と共にお届けしました。

この写真を撮影したのは7月で、日本の夏と変わらないくらいの暑さでしたが、水面の上を歩いている時だけ、気持ちよい風が吹いて涼しかったのが印象的でした。

車で渡ってしまうと一瞬ですが、自分の足で歩くと記憶に強く残り、とても楽しく良い経験でした。
ぜひ現地で体験してみてはいかがでしょうか

ブルックリンブリッジMAP

ブルックリンブリッジを徒歩で渡る場合のMAPを参考にどうぞ。
最寄りの地下鉄駅にマークをつけています。

 

それでは、これにて本記事はおしまいです。
最後まで目を通していただいてありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう

 

タイトルとURLをコピーしました