セントラルパークを1時間半で徒歩散策~地図あり【ニューヨーク観光】

ニューヨーク旅行で、初めてセントラルパークへ行った Yumi です。
徒歩で約1時間半、観光スポットを効率的にまわりながら散策してきました。
その見どころやルートマップなどを、写真とともにまとめます。

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

ニューヨーク セントラルパークとは

観光客やニューヨーカーに人気の公園

NYのセントラルパークを、
行ったことはなくても「聞いたことがある、知っている」という人は多いのではないでしょうか。

観光スポットとしても人気ですし、ニューヨーカーの憩いの場でもあります。

レストランやカフェ、アクティビティなどもあるので、いろんな楽しみ方や過ごし方ができます。

パーク内は美しい景色も多く、映画やドラマのロケ地としても有名です。

セントラルパークの広さ

セントラルパークはマンハッタンの真ん中に位置する、約4km×1kmの長方形の公園です。

マンハッタンの大都会の中で、驚きの広さを占めています

今回の散策コースマップ

訪れたとき、初めてのNY旅行で初めてのセントラルパークでした。

パークが広すぎるため、限られた時間内で全部はまわれません

エリアを絞って、次のような条件でじっくりと前もって計画しました。

散策コースの条件

  • 治安がいいとされるミッドタウン側のエリアをまわる
  • 徒歩のみで2時間くらい
  • 見どころをできるだけたくさん、サクッと効率的にまわりたい

そして完成した散策コースがこちらです
番号順にまわっていきます。

セントラルパーク散策コース
  • スポット①
    コロンバスサークル|Columbus Circle
  • スポット②
    アンパイアロック|Umpire Rock
  • スポット③
    メリーゴーランド(回転木馬)|Central Park Carousel
  • スポット④
    シープメドウ|Sheep Meadow
  • スポット⑤
    ストロベリーフィールズ|Strawberry Fields
  • スポット⑥
    ダコタハウス|The Dakota
  • スポット⑦
    ザ・レイク|The Lake
  • スポット⑧
    ボウブリッジ|Bow Bridge
  • スポット⑨
    ベセスダ噴水とベセスダテラス|Bethesda Fountain & Terrace
  • スポット⑩
    ザ・モール|The Mall
  • スポット⑪
    メトロポリタン美術館|The Metropolitan Museum of Art

マップにしたものがこちらです

※番号を選択すると簡単な説明を表示します。

散策コースの全長は約3.5kmです。

観光スポットは、セントラルパーク全体の3分の1くらいのエリアからピックアップしました。

それでも、行きたいけど見送ったスポットがたくさんあります。

そして実際に歩いた体感として「あれだけ歩いたのに3分の1とは… 」と、その広さに驚くばかり。

トップオブザロックから見えるセントラルパーク

トップオブザロックから見たセントラルパーク。ひしめくビルの中にぽっかり存在する緑が美しい長方形のエリア。不思議な眺めです

セントラルパークの見どころと散策記

ここからは、散策コースを実際に歩いたようすを、写真とともにお届けしていきます。

訪れたのは7月の土曜日、AM10:00ごろです。

晴天でさわやかな風がとても気持ちいい、初夏の日でした

コロンバスサークル|Columbus Circle

セントラルパークの出入口はたくさんあります。

その出入口のひとつと隣接している、コロンバスサークルからスタートです。
(厳密にいうとセントラルパークの外です)

コロンバスサークルは、その名前の通り円形の広場です。

広場のまわりをぐるりと道路が囲んでいて、交差点の役割もあります。

コロンバス・サークルを走るイエローキャブ

コロンバスサークルを走るイエローキャブ(黄色いタクシー)

コロンバス・サークルの横断歩道

円形道路なので横断歩道で中央の広場に渡ります

コロンバス・サークルの噴水越しのタイムワーナーセンター

中央の広場の噴水。奥にはタイムワーナーセンターが見えています

タイムワーナーセンター全景

広場の真ん中に立つコロンブス像と、タイムワーナーセンターの全景

さて、それではセントラルパーク内へ進んでいきます。

アンパイアロック|Umpire Rock

2万年前の氷河期に、古代ニューイングランド地方にそびえていた山の一部が、氷に削り取られてこの地まで運ばれたのがアンパイアロックだそうです。

とっても気の遠くなる話で、すんなり頭に入ってきません

セントラルパーク内のアンパイアロック

アンパイアロックではたくさんの子供たちが遊んでいました

午前中のセントラルパーク

セントラルパーク内の道。広くてゆったり。ランナーや子供連れ、観光客など、思い思いに過ごしています

新緑と空の青のコントラストがとてもきれいです。

7月でも午前中は空気がひんやりしていて、半袖の上に長袖を1枚はおりました。

セントラルパーク内を走る馬車

パーク内を走る馬車。時間があれば乗ってみたかった~

メリーゴーランド(回転木馬)|Central Park Carousel

1908年に作られた、NYに残るアンティーク・メリーゴーランドのひとつで、馬や馬車は全て手作りだそうです。

乗ってみたい気もするけど、いいオトナなので恥ずかしさが上回り…
乗りませんでした

セントラルパーク内の回転木馬

回転木馬の外観

セントラルパークのメリーゴーランド

レトロな雰囲気でかわいらしいです

週末のセントラルパークの風景

回転木馬の近くで。なんだかすっごくアメリカっぽい1枚。ドラマとか映画のワンシーンのよう

シープメドウ|Sheep Meadow

シープメドウは名前の通り、1934年まで実際に牧草地に使われていたそうです。

多くのニューヨーカーでにぎわう憩いの場、とのことでしたが、この日はなぜか中に入ることができず…?
こういうこともあるんですね…?

新緑の季節のセントラルパークの歩道

シープメドウをぐるっと囲む歩道。緑たっぷりで空気もおいしい気がしてきます

新緑の季節のセントラルパーク、シープメドウ

シープメドウには誰もいない状態。これはこれで良いかもです

新緑の季節のセントラルパーク、シープメドウ

こちらもシープメドウ。7月なので日差しが強いです

新緑の季節のセントラルパーク、シープメドウ

ポストカードみたいな写真が撮れました

新緑の季節のセントラルパーク

続いてストロベリーフィールズへ向かいます

ストロベリーフィールズ|Strawberry Fields

ストロベリーフィールズと言えば、ビートルズですね。

このイマジンの円形のモニュメントは、ジョン・レノンが亡くなったあとに、オノ・ヨーコがデザインして作られたものだそうです。

セントラルパークのストロベリーフィールズ

ストロベリーフィールズでは人が絶えず写真を撮ってます

ここはわりと小さなエリアなんですが、とにかく人でいっぱいでした。

ビートルズのBGMが流されていて、歌っている人、祈っている人、写真を撮る人、モザイクを見つめる人、ガイドを聞いている人…
いろんな人がいました。

ジョン・レノンが、今もたくさんの人に愛されているんだなぁと感じる場所です。

ダコタハウス|The Dakota

ストロベリーフィールズ近くの出口からパークを出ると、正面にダコタハウスが見えます。

ダコタハウスはジョン・レノンとオノ・ヨーコが住んでいた高級アパートメントとして知られています。

ダコタ・ハウスの外観

ダコタ・ハウスの外観。ジョン・レノンも見ていた景色なんですね

ザ・レイク|The Lake

またセントラルパーク内に戻り、ザ・レイクへ向かいます。

この湖では、ボートを楽しむ人たちもいます。

セントラルパーク内のザ・レイクの眺め

ザ・レイクの眺め。奥に見える特徴的な建物はThe San Remoというアパートメント

セントラルパーク内のボウブリッジ

湖に沿って歩くとボウブリッジが見えてきました

ボウブリッジ|Bow Bridge

ボウブリッジは、セントラルパークの数ある橋の中でも、最も美しい橋と言われています。

ゆるやかなカーブを描く橋の外観も美しいですが、橋の上から見える景色もまた美しいです。

セントラルパーク内のボウブリッジ

ボウブリッジ。橋の上ではカメラを構えた人がたくさん

ボウブリッジからの眺め

ボウブリッジ上からの眺め。季節によって違った景色が楽しめそうです

ベセスダテラスと噴水|Bethesda Fountain & Terrace

ベセスダの噴水は、1873年に建てられた天使の像が中央に立つ噴水で、セントラルパークのランドマーク的存在です。

そして、その噴水を取り巻くテラス。

数多くの映画やドラマのロケ地にも使われているそうです。

ベセスダテラスと噴水の全景

ベセスダテラスと噴水の全景。ここでイベントが行われたりもするそうです

ザ・モール|The Mall

ザ・モールは、とても広くて開放的な並木道。

ずらりと並ぶ木々は、特に秋の紅葉が美しいそうです。

並木道をゆっくり歩いてみたかったんですが、なんと時間がなってしまい、モールの入り口だけで断念(うわーん)

いつかまた、来てみたい!

ベセスダテラスからザ・モールへつながる階段

ベセスダテラスからザ・モールへつながる階段。写真の奥が並木道です

The Metropolitan Museum of Art|メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館は、ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館と並ぶコレクションの多さで、300万点以上を所有する美術館です。
(通称 The Met)

私はアートにはうといので、外観だけでも見たいと思ってコースに入れたんですが、時間の都合上、見送ることになってしまいました

この散策コースの所要時間について

この散策コースの所要時間は、コロンバスサークルからザ・モールまでで1時間強でした。

ペースは、ちょこちょこ立ち止まっては写真を撮り、ゆっくり歩きながら進むという感じです。

途中で休憩などは取っていません。

めぐるペースに個人差があるとは思いますが、最後のメトロポリタン美術館への到着までで、1時間半くらいになるかと思います。

セントラルパークは、ゆったりしたペースで散策したいと思わせてくれる公園です。

そして広いので、予想していたよりも時間をオーバーしてしまいました

セントラルパークをしっかり楽しみたい!という方は、時間に余裕を持たせて訪れることをおすすめします

セントラルパークへのアクセスと営業時間

セントラルパークへのアクセス

セントラルパークへのアクセスは、個人で行く場合、地下鉄やバスが便利です。

パークが広いので、散策したい場所によって最寄駅も変わります。

Googleマップ内の
地図の地下鉄の駅アイコンマークが地下鉄の駅です

営業時間と入場料

  • 営業時間:毎日6:00~25:00
  • 入場料:無料

最新の情報は、公式サイトで確認をおすすめします

セントラルパーク管理委員会のサイト
Plan a Visit – Central Park Conservancy

セントラルパーク散策の感想とまとめ

セントラルパークの散策記をお届けしました。

1時間半、パーク全体の約3分の1のエリアの散策でしたが、広々として緑が多く、ゆったりした空気でとても気持ちよかったです。

ほんの少しですが、ニューヨーカー気分を味わえました

セントラルパークを歩いていると、どこを切り取っても絵になる場所ばかりで、どんどん写真を撮りたくなってしまいます。

今回は7月で緑が鮮やかな季節でしたが、春夏秋冬どの季節に訪れても、その時々の景色が楽しめそうです。

秋の紅葉や冬の白銀、春の桜の季節などは、ぜひ訪れてみたいです

もし、近くに住んでいたら…かなりの頻度で散歩に来てしまうかも。

そう思うほど、広さ、景観、歴史、空気…何もかもがとても魅力的な公園でした。

今回は徒歩でしたが、自転車(レンタサイクル)や馬車などで、パーク内を移動するのも楽しそうです。
(目線も変わるし、行けるエリアも広がる!

レンタサイクルなどは、オプショナルツアーで利用することもできます。

セントラルパークのオプショナルツアーへのリンク
ベルトラ-セントラルパークのアクティビティicon
JTB-現地オプショナルツアー

パーク内にはレストランやカフェもあるので、食事したり、ピクニック気分でテイクアウトのランチを食べたりするのも良いですね

いろんな過ごし方や楽しみ方があるセントラルパーク。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

 

以上、最後まで目を通していただいてありがとうございました。

あなたのメモのひとつとして、この ありメモ が役立つことを願いながらおしまいにします。

また別の記事でお会いしましょう

\ このNY旅行で利用したツアーはこちら /

タイトルとURLをコピーしました