ニューヨーク旅行:トップ・オブ・ザ・ロックへの行き方と観光記

2018年7月、ニューヨーク旅行でトップ・オブ・ザ・ロックへ個人で行ってきました。
チケットの予約購入からアクセス、迷いがちな入口の場所、現地の様子まで、写真と共にまとめます。

トップ・オブ・ザ・ロックとは

ニューヨーク観光では欠かすことのできないマンハッタンの眺め。

その眺めを満喫するのに人気の展望台のひとつがトップ・オブ・ザ・ロックで、ロックフェラーセンター内にあります。

ロックフェラーセンターは、クリスマスの点灯式やスケートリンクの開設など、冬の風物詩として日本でもニュースで目にするほど、有名なスポットです。

エンパイアステートビルと比較検討

NY旅行の計画時に、検討していた展望台の主な候補は次の3つです。

  • トップ・オブ・ザ・ロック
  • エンパイアステートビル
  • ワンワールド展望台(ワンワールドトレードセンター)

ワンワールド展望台は、エリア的にミッドタウンからは少し外れた場所にあるので、別日に行くことにしました。

同じミッドタウンのエリア内で、エンパイアステートビルとどっちに行くか…迷いました。

時間的に余裕があれば両方行きたかったんですが、どうしてもどちらか1つを選ばなければならず…

検討の結果、トップ・オブ・ザ・ロックへ行くことにしました。

その理由は、トップ・オブ・ザ・ロックからはエンパイアステートビルが見え、よりNYらしい景色を楽しめると思ったからです。

(東京タワーの展望台からは東京タワーが見えず、東京らしさがイマイチ感じられないという話と似てますね

エンパイアステートビルはNYの象徴と言われるビルです。

トップ・オブ・ザ・ロックからは、このような眺めを見ることができます

トップ・オブ・ザ・ロックから見るエンパイアステートビル

正面がエンパイアステートビル。この眺めは「これぞNY」(私見)

トップ・オブ・ザ・ロックへの行き方

ツアーであれば連れて行ってもらえますし、他の観光スポットも回れたりして効率的です。

ですが今回は、時間に縛られることなく存分に楽しみたかったので、個人で行くことにしました

トップ・オブ・ザ・ロックのチケットを事前購入

トップ・オブ・ザ・ロックのチケットは、ビッグ・アップル・パスというパスを購入して手に入れました。

出発前に日本から、ベルトラでオンライン購入することができたのでとても便利です。

チケットの価格も通常よりお得になりました。

NYで他の観光スポットも個人で巡る予定であれば、メリットが大いにあるパスなので、1度は検討することをオススメします。

ビッグ・アップル・パスの買い方やチケットの受け取り方などの詳細はこちら

トップ・オブ・ザ・ロックへのアクセス

トップ・オブ・ザ・ロックがあるロックフェラーセンターは、ミッドタウンエリアにあります。

タイムズスクエアや5番街などの観光スポットからも徒歩圏内で、地下鉄でのアクセスもしやすい場所に位置しています。

私はミッドタウンエリアを徒歩観光している時に訪れました。
地下鉄の最寄駅:B、D、F、M線「47th-50th Streets-Rockefeller Center」駅

トップ・オブ・ザ・ロックの入口の場所

現地に行く前に不安だったのが入口の場所でした。

そして予想通り現地に到着してから、入口の場所を探してウロウロしてしまいました

ロックフェラーセンターは広く、建物自体も大きいため迷いがちです。

入口の場所は、West 50th Street(Radio City Music Hallとの間の通り)になります。

下のMAPの【赤い人の形のマーク】のところです

Googleストリートビューも載せておきます。

向かって右側の「NBC STUDIO」「OBSERVATION DECK」のネオンのところが入口です

トップ・オブ・ザ・ロックの観光記

トップ・オブ・ザ・ロックへ入場

トップ・オブ・ザ・ロックの入場は事前に日時指定予約ができるので、長い待ち時間を回避できます。

時間に限りがある旅行者としては、効率的でありがたいですね。

私が事前に指定した入場時間は、18:30-18:45です。

入口からビルの中へ入ると待機列ができていて、スタッフさんにチケットを見せて並ぶ列を教えてもらいました。

時間指定だからすんなり入れるのかな~と思っていましたが、展望台へたどり着くまでに20分ほどかかりました

やはりセキュリティがしっかりしていて手荷物検査があったり、列が進むのがゆっくりでした。

トップ・オブ・ザ・ロック(展望台)に到着!

ここからは実際に撮影した写真と共にお届けします。

68~70Fの展望エリアに到着。

おすすめは、ガラス越しに景色を眺められる69Fと、完全に屋外で開放的な70Fのエリアです。360℃ぐるっと景色を楽しむことができます。

まずは69Fから。
北側、セントラルパーク側の眺めです。

ありがたいことに見事な晴天で、キレイに見渡すことができました。

トップ・オブ・ザ・ロックから見るセントラルパーク

緑にあふれたセントラルパークが見えます

トップ・オブ・ザ・ロックからの眺め

ガラス越しなので少し反射しているのがわかります

トップ・オブ・ザ・ロックからの眺め

こちらはイーストリバー方面

そしてセントラルパークと逆側の南側へ。

ついに来ました、この眺め!

求めていた、エンパイアステートビルが正面に見える、ザ・NY!の景色です。

トップ・オブ・ザ・ロックからの眺め

エンパイアステートビルの奥に見えているのがワンワールドトレードセンター

この眺めを目の当たりにして、NYに来たぁ~!という実感が湧きました

トップ・オブ・ザ・ロックの休憩スペース

展望台の中央にある休憩スペース

続いて1つ上のフロア、70Fへ階段で上がります。

トップ・オブ・ザ・ロックからの眺め

さっきまでいた69Fのガラス張りの壁が見えます

70Fはガラスの壁がないので、開放感がスゴイ!
(石造りの柵はあります)

トップ・オブ・ザ・ロックから見るセントラルパーク

目の前のセントラルパークの広さに驚愕

トップ・オブ・ザ・ロックから見るハドソン川

ハドソン川に沈んでいく太陽

トップ・オブ・ザ・ロックからの眺め

実はこの写真には小さ~く自由の女神が写ってます

トップ・オブ・ザ・ロックから見える自由の女神

自由の女神を望遠で撮影

360度、どこもかしこも最高の景色です。
映える写真がたくさん撮れます。

時間さえ許せば、いくらでもいられる…!そんな展望台でした。

トップ・オブ・ザ・ロックでの滞在時間について

日本だったら7月の19:00前といえば夕暮れ真っただ中ですが、NYはまだまだ明るかったです。

例えると日本の16:00くらいの明るさでしょうか。

サンセットの夕暮れ~夜景になる時間帯がオススメということで狙っていたのですが、まだ早すぎて失敗でした(うすうすわかってましたが

たーっぷり写真を撮り、景色をじっくり堪能しても、滞在は40分ほど。

全然、まったく、日没が訪れません 笑

でも、刻々と夕暮れが進んでいく様子は本当に美しく、存分に楽しめました。

また行く機会があったら、今度こそ夜景を見に訪れたいです。

最後に

トップ・オブ・ザ・ロックについて、チケットの購入や行き方、観光記をお届けしました。

行く前に写真で何度も見ていた、エンパイアステートビル側の景色を実際に見た時の感動は一生忘れられないと思います。

ここからの景色はまさに「NYの中のNY」という感じがしますし、ぜひ1度は訪れることをおすすめしたいスポットです。

それでは、これにて本記事はおしまいです。
最後まで目を通していただいてありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう

 

タイトルとURLをコピーしました